Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 平野由希子のおつまみレシピ
平野由希子のおつまみレシピ

「ふきのとうのオイル漬け」の作り置き

季節の変わり目。体調を崩しやすい時でもあります。花粉症の方にとっては辛い季節の到来。こういう時には、体の中の毒素を取り除いてくれる食材をいただくといいそうです。そんな食材の代表が「ふきのとう」。雪の中から芽吹くパワーを持った「春の使者」とも呼ばれる山菜です。冬の間に体内に溜まった毒素や老廃物は、春のほろ苦味をもつ食材によって、体外に排出されるそう。春先になると、山菜やほろ苦い食材が食べたくなるのは、ごく自然なことなわけです。まだまだ、動物的なところが自分にも残されていると、少し安心したりもします。こうした欲求は大切にしないと。

ふきのとうといえば、まずは天ぷら。ですが、こちらは蕎麦屋や天ぷら屋でいただくとして、おすすめしたいレシピが「ふきのとうのオイル漬け」。丸ごとゆでて、オリーブオイルに漬けておくだけの簡単さ。しかも今や大人気の「作り置き」レシピです。

0306_2U9A4266-580.jpg

このまま食べるのはもちろん、生ハムやアンチョビ、チーズを添えるだけで十分なおつまみになります。アンチョビと合わせて炒めてパスタソースにしたり、パンやピザ生地の上に刻んだオイル漬け、チーズをのせて焼いたり。もちろん、肉、魚との相性もいいので、トマトソースやひき肉味噌に加え混ぜたり、重宝することこの上なしです。

0314_2U9A4272-580.jpg

そして、どれもこれもがあまりにもお酒に合う料理になってしまいます。私のおすすめはアルザスのリースリングや、ハーブの香りの爽やかなソーヴィニヨンブランなど。ロゼワインと山菜の相性もぜひもの。あれこれと合わせてみたくなります。

ちなみに欧米では、山菜を食べる習慣はありません。グルメなフランス人でも、アスパラソバージュを食べるくらいでしょうか。「山菜でワイン」は日本に生まれた私たちの幸せな特権、存分に享受いたしましょう。


<材料 作りやすい分量>
ふきのとう 6〜8個
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 1/3カップ

<作り方>
1 ふきのとうは茶色くなっている部分を取りのぞく。沸騰した湯に塩を加え、ふきのとうを加えて2分ほどゆでる。
2 冷水にとった後、水気をしっかり絞る。大きいものは縦半分に切る。
3 塩を振って混ぜ合わせ、保存瓶などにいれてオリーブオイルを回しかける。

Wine365
自分にぴったりのワインに出合えるサイト「Wine365」では、平野由希子さんによるワインのためのレシピを日々更新中! 各界で活躍する人々が選ぶ限定ワインセット、パン&スイーツ、餃子、偏愛おつまみなどワインを楽しむための記事など盛りだくさん。ワイン好きは要チェック! http://www.wine365.co.jp/

平野由希子

料理研究家
フランス料理と、ワインを愛する料理研究家。ル クルーゼを使用したレシピ本など著作も多い。日本ソムリエ協会認定ソムリエ。2015年にフランス農事功労章を叙勲。レシピ&ワインのサイト「Wine365」を主宰。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
  
 

ARCHIVE

MONTHLY

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年9月号 No.495

      いいモノ語り。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。