フィガロが選ぶ、今月のアート

山本耀司と朝倉優佳による、注目の展覧会『画と機』。

特集

『画と機』

161226-art-01.jpg

制作中の彫刻(山本耀司)、絵画(朝倉優佳)、2016年。朝倉がペイントを施したヨウジヤマモトのドレスなども展示される。

ファッションデザイナー山本耀司と若手画家の朝倉優佳が美術館の展示空間に向かい合い、ファッションと絵画の間を往還する世界を表現した注目の展覧会。〈画〉は絵画、〈機〉は「はずみ」「機会」「機織(服)」の意味。また「ガキ」という音を子どもの反抗と捉え、反発しながら互いに魅かれあう関係を暴き出している。

 

『画と機』
会期:開催中~2017/3/12
東京オペラシティアートギャラリー(東京・初台)
11時~19時(金、土は〜20時)
休)月、12/26〜2017/1/3、2/12
一般¥1,200

●問い合わせ先:
tel:03-5777-8600ハローダイヤル
www.operacity.jp/ag


*「フィガロジャポン」2017年1月号より抜粋

 

réalisation : CHIE SUMIYOSHI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年3月号 No.489

      ドラマティックな映画が観たい♥

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。