『アリス』続編で描かれた、ワンダーランドの秘密を明かす「時間の旅」。
主演のミア・ワシコウスカにインタビュー。

インタビュー

ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』の"その後"を映画化し、世界的ブームとなった『アリス・イン・ワンダーランド』。続編となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』がいよいよ7月1日(金)に公開される。

今回の舞台は、前作から3年後の世界。亡き父の跡を継ぎ、船長として活躍していたアリスに再び試練が訪れる。導かれるようにワンダーランドへと舞い戻った彼女が目にしたのは、悲しい過去にとらわれ、心を病んだマッドハッターの姿だった。大切な友を救うため、時間をさかのぼる冒険に出たアリス。時間の番人・タイムとの戦いや、赤の女王の脅威が迫る中、彼女は過去を変えることができるのか――? 前作に続き、アリス役を演じたミア・ワシコウスカが来日。映画のこと、仕事やプライベートについて話を聞いた。

160627_alice_02.jpg

― 今回は「時間」がひとつの大きなテーマになっていますね。あなたにとって時間とは?

ミア・ワシコウスカ(以下、M):「自分と時間との関係は、年齢を重ねるにつれて健康的になってきたと思います。人って時間というものに対して何となく不安を抱きがちですよね。でも漠然と不安を抱くだけではなくて、オフはオフ、集中しなければいけないときは集中する、と切り替えた方が生産的なのでは? と考えるようになりました。映画の中の、時間に対する解釈もすごく気に入っています。『過去は変えられないけれども、その過去を受け入れることによって前に進んでいけるし、今を大切に生きることができる』というメッセージが込められていて......」

― 前作の公開から6年。ご自身については、どんな変化を感じますか?

M:「たくさんの作品に出演して、不安を感じたりナーバスになることが減りました。自信がついて、撮影中も居心地よく過ごせるようになったことが良い変化だと思っています」

― オフの間は地元オーストラリアで過ごすそうですね。

M:「ええ。シドニーに自分のアパートメントを持つようになって、1年前からは弟もそこに一緒に住んでいます。いつでも戻ってリラックスできる、『ホーム』と呼べる環境があることが、メンタル的にもすごくいいみたい」

― 弟さんの話が出ましたが、「家族」も今作のテーマのひとつでした。

M:「そうですね。映画の中でもアリスと母親、マッドハッターと彼のお父さん、そして赤の女王と白の女王の姉妹関係を掘り下げているところが素敵ですよね」

160627_alice_03.jpg

160627_alice_04.jpg

― ユニークな登場人物たちの中で、ご自身に似ているキャラクターはいますか?

M:「そうですね......動物じゃないし、私は女性だから、やっぱりアリスかしら(笑)? 自分と似ているとは思わないけれど、一番好きなのはマッドハッターです。特にジョニー(・デップ)の演じるマッドハッターというのは、脆さも持ったキャラクターなので、好きなんです」

― 今作では、衣裳のバリエーションも楽しませてもらいました。ミアさんが実際に着て気に入ったものはありますか?

M:「あの素晴らしい衣裳は前作に続いてコリーン・アトウッドが手がけてくれたんですが、今回のアリスっていちだんとアクティブ。それを反映したようにパンツルックが増えました。一番好きな衣裳は......これを言うと『一番つまらない衣裳じゃない?』って思われるかもしれないけど、病院のシーンで着ていた長いシャツとパジャマパンツ! と~っても着心地がよかったんです(笑)。他の衣裳はコルセットでぎゅっと締めるものが多かったので、楽ちんでお気に入りでした」

― 航海シーンなど、撮影では過酷な状況もたくさんあったと思うのですが、体調をキープし乗り越えるための秘訣は?

M:「意識していることは、撮影中、宿泊している場所を自宅のようにくつろげる空間にすること。食べ物も、自分が好きなものや健康的だと思えるものをチョイスしたり。とはいえ、セットで過ごしている時間も長くて、食事の内容や時間をコントロールできないことも多いんですよね。いつも思うのは、気持ちがハッピーであれば肉体的にも健康でいられるということ。だから友達と連絡を取って話をしたり、孤独を感じないよう心がけています」

― 最後に、いま夢中になっていることがあれば教えてください。

M:「居心地のいい家づくりが趣味なので、インテリア関連のブログを一生懸命見たりしています。テイストとしてはデンマークデザインが好みなんだけど、今回のセットで使った椅子もいくつかもらったし、映画『クリムゾン・ピーク』に出演した時にはゴシック調の屋敷で使った椅子ももらっているから、デンマークと、アリスと、ゴシックがミックスされているんです(笑)。日本の建築も素敵ですよね。NYのMOMAで日本の建築家にフォーカスした展覧会(『A Japanese Constellation: Toyo Ito, SANAA, and Beyond』)を見たばかりなので、気になっています。日本にいる間にオフタイムが取れたら、建築を見たり、家具を探したいですね」

160627_alice_01.jpg

【ストーリー】

ティム・バートン、ジョニー・デップをはじめ豪華スタッフ・キャストが集結した、『アリス・イン・ワンダーランド』の"はじまり"の物語。 悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、 時間をさかのぼるアリスの冒険を描くファンタジー・アドベンチャー。 運命に立ち向かう彼女を待つのは、秘められた真実と、時の番人"タイム"との戦い......。 全世界を魅了した、チェシャ猫たちや"赤"と"白"の女王も再結集。 彼らの幼年期の驚くべき<秘密>も明かされる。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 © 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 7月1日(金)全国ロードショー www.disney.co.jp/movie/alice-time.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年4月号 No.490

      二面性のある女でいたい。おしゃれ好きなもので。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。