Le cercle Chanel

シャネルの『マドモアゼル プリヴェ』がソウルで開催!

Le cercle Chanel

7月19日(水)まで、韓国・ソウルでシャネルが主催する『マドモアゼル プリヴェ』展が開催されている。2015年、ロンドンで初めて開かれて以来2度目となるこの展覧会は、さまざまな手法でシャネルのクリエーションの源を紹介する内容に。

170705_chanel_01.jpg『マドモアゼル プリヴェ』の会場であるソウルのD MUSEUM。 ©CHANEL

170705_chanel_06.jpg170705_chanel_07.jpg

シャネルのブティックをグラフィカルに再現。 ©CHANEL

170705_chanel_09.jpg「シャネル N°5」の原料を紹介するなど、ブランドを象徴するフレグランスにまつわる展示にも注目。 ©CHANEL

170705_chanel_08.jpgシャネルのアイコンを用いたいくつものトーテム。 ©CHANEL

170705_chanel_10.jpg170705_chanel_11.jpg

シャネルのオートクチュールを製作するアトリエのクラフトマンシップにフォーカスした、あらゆるファブリックを用いた空間や、韓国人アーティストが今回の展覧会のために制作した、カメリアにインスパイアされたガラスのオブジェも。 ©CHANEL

170705_chanel_02.jpg2階のオートクチュールの展示室では、天井から吊るされた写真が上下に動く。カール・ラガーフェルドが撮影した多くのセレブリティはオートクチュールと「ダイヤモンド コレクション」の復刻版を着用し、その姿が非常に薄い紙に特殊プリントされている。写真は、クリステン・スチュワートやリリー=ローズ・デップ、ジュリアン・ムーア、イザベル・ユペール、菊地凛子、キーラ・ナイトレイ、リタ・オラなどシャネルと所縁のあるセレブリティたち。 ©CHANEL

170705_chanel_03.jpgセレブリティの写真の後方には、実際に着用したオートクチュールとハイジュエリーが飾られる。 ©CHANEL

170705_chanel_04.jpgハイジュエリーコレクション「ダイヤモンド コレクション」の復刻版。 ©CHANEL

展覧会の核となるのは、1932年、メゾンの創立者であるガブリエル・シャネルが発表した初めてのハイジュエリーコレクション「ダイヤモンド コレクション」の復刻版、そして香水「シャネル N°5」。さらには、現在のクリエイティブディレクターであるカール・ラガーフェルドが手がけたオートクチュールピースなど、メゾンのDNAを強く感じさせるものを凝縮。4つの空間に分けられた1階のフロアでは、1913年にガブリエル・シャネルが初めてオープンしたブティックをグラフィックで表現など、ワクワクする仕掛けも。

170705_chanel_05.jpgカール・ラガーフェルドが撮影した、「ダイヤモンド コレクション」をまとった女優たちのポートレート。 ©CHANEL

さらにカール・ラガーフェルドが手がけたさまざまな写真も楽しめる。カールがデザインしたオートクチュールピースたちと一緒に展示されているのは、ジュリアン・ムーアやヴァネッサ・パラディ、菊地凛子など、シャネルと親交の深い女優やモデル、さらには友達を被写体にしたポートレートだ。どれもマドモアゼル シャネルが暮らしていたパリのアパルトマンで撮影している。さらに別室に並ぶ、復刻版の「ダイヤモンド コレクション」を纏ったリリー=ローズ・デップやクリステン・スチュワートたちのモノクロのポートレートも見応え抜群。

 

170705_chanel_12.jpg170705_chanel_13.jpg

動画コンテンツも充実。展覧会場のいたるところに、シャネルのコードやシンボルが散りばめられている。 ©CHANEL

>>ソウルの夜を彩ったセレブリティたち。

---page---

ソウルの夜を彩ったセレブリティたち。

オープニングパーティには、シャネルらしい錚々たるメンバーが顔を揃えた。パリからは、メゾンのアンバサダーを務めるキャロリーヌ・ドゥ・メグレ。そして日本からは菊地凛子、さらに世界で活躍するモデル、パク・スジュの姿も。もちろん、ソウルで開催とあって、G-DRAGONなどのKポップスターたちもこぞって駆け付けた。その夜、開かれたパーティでは、G-DRAGONがパフォーマンスを披露。観客たちもヒートアップしたようだ。

170705_chanel_14.jpg170705_chanel_15.jpg

キャロリーヌ・ドゥ・メグレとG-DRAGON ©CHANEL

170705_chanel_16.jpg170705_chanel_17.jpg

菊地凛子とパク・スジュ ©CHANEL

Mademoiselle Privé Seoul Exhibition Opening - CHANEL

『マドモアゼル プリヴェ』
期間:開催中〜7月19日(水)
会場:D MUSEUM
5-6, Dokseodang-ro 29-gil, Yongsan-gu, Seoul
開)10:00~18:00(日〜木)10:00~20:00(金、土)
入場無料(マドモアゼル プリヴェ専用のアプリでの事前申し込みが必要)
http://www.chanel.com
#MademoisellePrive
# MademoisellePriveSeoul

texte : TOMOKO KAWAKAMI, graphisme du titre : KAORU MASUI ( [tsukuru] )

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年9月号 No.495

      いいモノ語り。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。