愛らしい梅とうぐいすの和菓子を、年末年始の手土産に。

ニュース

家族や親しい人への年末年始のご挨拶に持参する、素敵な手土産を探している方におすすめしたい、「梅とうぐいす」。2017年1月28日(土)から福岡県・太宰府天満宮の公式のお土産として発売されるこの愛らしい和菓子が、プロデュースを手がけた青山のショップdoinel(ドワネル)にて、1月15日(木)まで先行販売中!

161226_ume_uguisu_01.jpg

「梅とうぐいす」1箱5個入り¥1,404

「梅とうぐいす」は、太宰府天満宮と、アーティスト鹿児島睦氏、そして博多で90年以上続く和菓子店・鈴懸とのコラボレーションによって生まれたお干菓子。太宰府天満宮の御神木である飛梅(とびうめ)をはじめ、境内に咲き誇る梅の花をモチーフに、福岡市を拠点に活躍する鹿児島氏が図案を描き、鈴懸の熟練した職人が和三盆糖を用いて作り上げた。木箱に詰められた5つのうちのふたつは、太宰府の歴史に関わる「シナモン」と「よもぎ」を練り込んだ、個性的なフレーバーだ。

161226_ume_uguisu_02.jpg

左から、和三盆、よもぎ、和三盆(※)、和三盆、シナモン
※ 太宰府天満宮での販売時から梅味に変更になります。

161226_ume_uguisu_03.jpg

鹿児島氏の図案が映えるよう、一般的なお干菓子よりひとまわり大きなサイズに仕上げられている。

日本茶のお茶うけにはもちろん、コーヒーや紅茶、またワインやシャンパンのアミューズとしてもおすすめ。小さな和菓子に込められたエピソードとともに、ぜひ親しい人たちに贈りたい。

161226_ume_uguisu_04.jpg

また、太宰府天満宮で「梅とうぐいす」が発売される2017年1月28日(土)より、太宰府天満宮宝物殿で『鹿児島睦の造形展』、福岡市の三菱地所アルティアムでは『鹿児島睦の図案展』がスタートする。世界中のファンを魅了する鹿児島氏の世界観に、この機会にぜひ触れてみて。

「梅とうぐいす」先行発売
期間:2017年1月15日まで
会場:doinel
東京都港区北青山3-2-9
Tel. 03-3470-5007
営)12:00〜20:00
休)水、12/30~1/4
http://doinel.net

 

『鹿児島睦の造形展』
期間:2017年1月28日(土)〜3月12日(日)
会場:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室
福岡県太宰府市宰府4-7-1
Tel. 092-922-8225
開)9:00〜16:30(入場は16:00まで)
入場料金:一般¥400
www.dazaifutenmangu.or.jp

 

『鹿児島睦の図案展』
期間:2017年1月28日(土)〜3月12日(日)
会場:三菱地所アルティアム
福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
Tel. 092-733-2050
開)10:00〜20:00
入場料金:一般¥400
http://artium.jp


http://zuan-zokei.com/fukuoka2017

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。