ホームパーティレシピ

パンにフォアグラパテとジャムを挟んで、華やかに!

ホームパーティレシピ

忘年会、クリスマス、お正月、新年会……いよいよパーティシーズンの到来です。

楽しいホームパーティにしたいはずなのに「メニューはどうしよう?」「テーブルコーディネートはどうしたらいいの……」「掃除をしなきゃ」など、考え始めると、面倒臭くなってしまうという人も多いはず。「頑張りすぎない!」をモットーに、できるだけ楽な方をチョイスしてみると、心が軽くなり準備自体も楽しい時間になりますよ。

今回は、そんなテーマにぴったりなアイデアレシピをご紹介です。小さなパンにフォアグラのパテとイチジクのジャムを詰め、パンを束ねてリボンで結んでみました。フォアグラを買うと値段が張りますが、フォアグラパテ(パテには、タマネギやセロリ……など、フォアグラ以外にいろいろと入っています)であれば、値段が少しお手頃になります。おうちでは普段食べる機会のないフォアグラをパーティで用意してみると、インパクトが出るかもしれません。イチジクのジャムの代わりにジャムやドライフルーツ、生のブドウやリンゴなどを添えてもおいしいです。肩肘張らない、おいしい、楽しい時間が広がりますように。

01-aoumi-161220.jpg

★ プチパン・フォアグラパテとイチジクジャム添え★

【材料】
小さめのパン    適量(甘めのパンがおすすめ)
フォアグラパテ   適量
イチジクのジャム  適量
リボン

【手順】
パンにフォアグラとイチジクのジャムを詰め、リボンで結んで完成。

【ポイント】
フォアグラのムースは成城石井やUNIONなどで購入可能。
細長い小さなパンが手に入らない場合は、バゲットのスライスでの代用もOK。ひと口大のパンに挟んでも可愛い。

02-aoumi-161220.jpg

 

青海七生 Nao Aoumi
パーティ料理研究家

フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親に言われ続け、大学では仏語を専攻し留学も経験。仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修……とフランスと関わる人生を歩む。現在は「ワクワクしてる?」をコンセプトに、ビジュアルも含めて食の楽しさを伝える料理教室を主宰。各メディアにレシピを提供する傍ら、メドックマラソンやボルドーでのワイン研修に参加するなど、渡仏&食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。