ホームパーティレシピ

ビーツとフルーツを使った、ルビー色のポテトサラダ。

ホームパーティレシピ

あけましておめでとうございます。ワクワクがいっぱいの2017年になりますように。

クリスマス、お正月……イベント続きではありますが、2月にはバレンタインがやってきます。今回はバレンタインでも使えそうなルビー色のポテトサラダをご紹介します。

このサラダのルビー色は「ビーツ」という野菜の鮮やかな赤色を生かしています。ビーツは、アメリカやヨーロッパで、ビタミンや鉄分を多く含んでいる食材として(「飲む輸血」ともいわれているとか)さまざまな料理に使われているようです。

先日、鎌倉の朝市でビーツを手に入れようとしたら、小さ過ぎるものばかりで、あまりよい状態のものが店頭に出ていませんでした。「ビーツの季節はもう終わりですか?」と、農家さんに聞くと「TVでビーツが話題になったみたいで、いますごく売れているの。毎日売り切れ状態。欲しいなら朝7時半に来なさい」と言われました。なるほど。通常8時オープンの市場ですが、7時半にはレストランの方が大量のビーツを買い占めていらっしゃいました。

今回のサラダの味付けは、基本的に「すし酢」のみですが、ビーツ、ポテト、ブドウ、ザクロ……個々の素材の味が重なり、深みが生まれます。私のお料理レッスンでもお伝えしたレシピです。「色鮮やかなだけでなく、おいしい!」「すし酢だけとは思えない味!」とのうれしい声をいただいています。

今回はブドウとザクロを使いました。フルーツを使うと華やかさだけでなく、味にも深みが出ます。料理に砂糖をほんの少し加えるとコクが出ておいしくなりますが、砂糖の代わりにフルーツの甘味を生かしてみてはいかがでしょうか?

01-aoumi-170112.jpg

★ ルビーサラダ★

【材料】
○サツマイモ   150g
○ジャガイモ   150g
○ビーツ(小)  125g
ブドウ      10粒(種なし・半分にカットする)
ザクロ      適量
すし酢      大さじ1
オリーブオイル  大さじ1
スダチの絞り汁   1/2個分

【手順】

  1. ○を圧力鍋で火入れする(圧がかかったら25分ほど火入れする)。
  2. ○に竹串を刺し、すっと通ったら、熱いうちに○の皮をむき一口大にカットし、すし酢とオリーブオイル、スダチの絞り汁で合わせる。
  3. フルーツと合わせて完成。

【ポイント】

  • お好みで、マスタード、クミンシードを入れてもおいしい。
  • ボリュームを出す場合は、ハムやソーセージ、松の実を入れるとよい。
  • お好みで、ルッコラやクレソンを入れてもよい(写真参照)。
  • 生のビーツが手に入らない場合は、缶詰を使ってもよい。
  • ザクロの種類によっては、種が大きく口当たりの悪いものがあるので注意。
青海七生 Nao Aoumi
パーティ料理研究家

フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親に言われ続け、大学では仏語を専攻し留学も経験。仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修……とフランスと関わる人生を歩む。現在は「ワクワクしてる?」をコンセプトに、ビジュアルも含めて食の楽しさを伝える料理教室を主宰。各メディアにレシピを提供する傍ら、メドックマラソンやボルドーでのワイン研修に参加するなど、渡仏&食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。