天婦羅 あら井/神楽坂/ジャパニーズ

名店の天ぷらをカウンターでいただける、神楽坂の新店。

今宵もグルマンド

世界のVIPも訪れる御座敷天婦羅の老舗、天孝。この神楽坂の名店が、セカンドラインともいうべき新店をオープンした。石畳が続く路地裏、隠れ家のような佇まいを見せる、天婦羅 あら井がそれだ。御座敷という形式上、接待の多い本店の味を、より多くの方に知ってもらいたいとの思いから誕生した。それゆえ、カウンターのみの店内は和モダンな入りやすい雰囲気。江戸前に一家言を持つ本家の天ぷらを、ここならコース8,500円からとリーズナブルに設定し、かつコースの選択肢も広げた。また「若手職人の育成の場に」とは天孝の2代目である新井均さんの言葉。神楽坂から発信する、新しい天ぷらの可能性に期待したい。

01-gourmande-161222.jpg

小さな扉を開けると、コの字のカウンターが現れる。

02-gourmande-161222.jpg

料理はすべて¥12,000のコースから。左から、才巻エビ、大ぶりの北海道産百合根、スペシャルメニュー、ウニのシソ巻。トロッと半生のウニが美味。

03-gourmande-161222.jpg

名物の天バラ。エビと三つ葉のかき揚げをご飯にまぶした逸品。

04-gourmande-161222.jpg

から、天孝2代目の新井均さん、揚げ場に立つ荒井孝明さん。

-gourmande memo-
もっと気軽に天ぷらを楽しんでもらえるようにと、今後21時以降はアラカルトも用意する予定とか。西洋野菜を揚げたりと、新しい試みも目下検討中だ。ランチタイムの天丼も要チェック!

天婦羅 あら井
東京都新宿区神楽坂4-8 神楽坂AGEビルB1F
tel:03-3269-1441
営)12時~14時L.O.、17時~24時L.O.
休)日、祝
予算:昼¥2,000~、夜¥10,000~
座席数:カウンター12席 

*「フィガロジャポン」2017年1月号より抜粋

 

texte : KEIKO MORIWAKI, photos : YU NAKANIWA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年4月号 No.490

      二面性のある女でいたい。おしゃれ好きなもので。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。