リナシメント/目黒/イタリアン

伝統と新スタイルが同居する、秀逸のイタリアン。

今宵もグルマンド

店名はルネサンス、すなわち再生の意味。そこにはイタリア料理の文化を尊重しつつも、その枠を超え、世界的な食都・東京にふさわしい新スタイルのイタリアンを――そんな田沢正人シェフの思いが込められている。でも、料理は奇をてらったものでは決してなく、むしろシンプル。たとえば「黒トリュフのタヤリン」には、ピエモンテの貴重なトリュフ風味のチーズ、クルティンを隠し味に用いるなど、一見何の変哲もないようでいて、見えない部分に手間をかけた料理が秀逸だ。また、ポルケッタのエッセンスを加味した仔豚の背肉のローストのように、伝統料理を再構築した逸品も。コースを通して奥行きのある味わいが楽しめる。

170209-rinascimento-03.jpg

¥8,640のコースから。「インサラティッシマ・リナシメント」。野菜から魚介、肉類とバラエティ豊か。

170209-rinascimento-02.jpg

アラカルトの「ウンブリア産トリュフのタヤリン」¥2,160

170209-rinascimento-01.jpg

¥8,640のコースから。「仔豚背肉のロースト ポルケッタの要素」。ポルケッタに使うローズマリーなどで香り付けしたソースと一緒に。

170209-rinascimento-04.jpg

テーブル席のほかカウンター席も用意。

-gourmande memo-
仔牛のソプレッサータや八角風味のピオーネなど、20種もの前菜をちりばめた「インサラティッシマ・リナシメント」は必見!

リナシメント
東京都目黒区下目黒2-23-2 1F
tel:03-6280-3525
営)11時~13時30分L.O.、17時30分~21時30分L.O.( 月~金) 12時~14時30分L.O.、17時30分~20時30分L.O.( 土、祝) 
休)日、第2月曜
予算:昼¥980~、夜¥7,000~ 
座席数:カウンター4席、テーブル12席、6人用個室1室
www.facebook.com/togenkyo1125

*「フィガロジャポン」2017年4月号より抜粋

texte : KEIKO MORIWAKI, photos : YU NAKANIWA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。