一点で主役級! ニュースな家具と雑貨たち。【LAMP|照明】

洗練されたデザインの照明に惹かれる。

特集

キュートなマドモワゼルの姿をしていたり、大小の球体が親子のように寄り添っていたり。洗練された中に遊び心を感じさせる照明が勢揃い。

01-lamp-160803.jpg

真っ白な大理石が放つ、上質な光。

トム・ディクソン「ストーン・ウォール・ライト」
大理石のリュクスな雰囲気のなかに、ゴールドのアクセントが利いた壁掛け照明。

「ストーン・ウォール・ライト」(D18×H11.2㎝)¥56,160
●問い合わせ先:トム・ディクソンショップ Tel.03-5778-3282
 
*「フィガロジャポン」2016年7月号より抜粋

---page---

キュートなマドモワゼルの姿をしていたり、大小の球体が親子のように寄り添っていたり。洗練された中に遊び心を感じさせる照明が勢揃い。

02-lamp-160803.jpg

ペーパーシェードの名作照明の限定版。

レ・クリント「343 テーブルランプ」
デンマークの巨匠、グンナー・ビルマン・ピーターセンとレ・クリント社による名作。アンバー色のガラスベースがお目見え。

「343 テーブルランプ」(φ40×H48㎝)¥86,400
●問い合わせ先:スローハウス銀座 Tel.03-3575-5800
 
*「フィガロジャポン」2016年7月号より抜粋

---page---

キュートなマドモワゼルの姿をしていたり、大小の球体が親子のように寄り添っていたり。洗練された中に遊び心を感じさせる照明が勢揃い。

03-lamp-160803.jpg

その名もサーカス! 老舗ブランドの最新作。

ルイスポールセン「スィルク」
スウェーデンの女性デザイナー、クララ・フォン・ツヴァイベルクのインスピレーション源は遊園地。観覧車のようなデザイン。

全3サイズ。「スィルク」(φ38×H47.8㎝)¥73,440
●問い合わせ先:ルイスポールセン ジャパン Tel.03-3586-5040
 
*「フィガロジャポン」2016年7月号より抜粋

---page---

キュートなマドモワゼルの姿をしていたり、大小の球体が親子のように寄り添っていたり。洗練された中に遊び心を感じさせる照明が勢揃い。

04-lamp-160803.jpg

定番ランプの、マットなゴールドが新鮮。。

オルーチェ「アトーロ238」
イタリアで建築家でもあったヴィコ・マジストレッティの1970年代の代表作。マットな質感のゴールドが登場。

「アトーロ238」ゴールド(φ25×H35㎝)¥140,400
●問い合わせ先:スタジオノイ Tel.03-5789-0420
 
*「フィガロジャポン」2016年7月号より抜粋

---page---

キュートなマドモワゼルの姿をしていたり、大小の球体が親子のように寄り添っていたり。洗練された中に遊び心を感じさせる照明が勢揃い。

05-lamp-160803.jpg

ますます進化する、人気デザイナーの注目作。

フロス「コピーキャット」
大きな球形の吹きガラスに小さなコッパーの球体が寄り添った、まるで親子のようなランプ。マイケル・アナスタシアデスデザイン。

<Hot Designer>
2014年のミラノ・サローネなど世界で高評価を得ているマイケル・アナスタシアデス。彼の最新作である、この「コピーキャット」も球体をうまく生かしたシンプルさがポイントに。

「コピーキャット」(φ30×H29.85㎝)¥99,360
●問い合わせ先:日本フロス Tel.03-3582-1468
 
*「フィガロジャポン」2016年7月号より抜粋

---page---

キュートなマドモワゼルの姿をしていたり、大小の球体が親子のように寄り添っていたり。洗練された中に遊び心を感じさせる照明が勢揃い。

06-lamp-160803.jpg

緻密なこだわりをキュートなモチーフで表現。

リヤドロ「マドモワゼル」
マドモワゼルの名前のとおり、お嬢さんの姿をしたランプ。光を灯すとスカート部分がほんのり明るく。

<Old Maker's Technic>
見るからに女性らしく可愛さ満点のお嬢様形ランプ。特に注目はリヤドロならではの繊細さ。帽子のつばに載った小さく薄い花に、老舗の技術力の高さが表れる。

左から、「ベアトリス」(φ13×H34㎝)¥167,400、「アネット」(φ20×H31㎝)¥178,200、「セリア」(φ9×H35㎝)¥167,400、「ダニエラ」(φ17×H35㎝)¥178,200(すべて今秋発売予定。コードの仕様が変更される可能性あり)
●問い合わせ先:リヤドロカスタマーサービス Tel.03-3569-3902
 
*「フィガロジャポン」2016年7月号より抜粋

photos:SATOSHI YAMAGUCHI, stylisme:TOMOMI NAGAYAMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年5月号 No.491

      いつだって、パリは私たちを待っている。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。