建築デザイン賞に輝いたホテルのテラスでちょっと一杯。

PARIS DECO

リュクサンブール公園やパンテオン近くという便利な場所に昨秋リニューアル・オープンしたHotel André Latin(オテル・アンドレ・ラタン)。このホテル、コーヒーショップ&バーもテラスも宿泊客以外も大歓迎というホテルである。

170313-parisdeco-01.jpg170313-parisdeco-02.jpg

ミカエル・マルペールが内装を手がけた5区のオテル・アンドレ・ラタン。ヴィンテージ調エレガンスの内装でまとめられている。

このホテル、室内もパブリック・スペースもインテリアがとてもいい……と思ったら、フランスの優れた建築とデザインに与えられるL’Archidesigne賞の2017年度ホテル部門を受賞したところである。手がけたのはミカエル・マラペール。以前紹介したパレ・ロワイヤルのカフェLe Nemoursの改装も彼が担当。パリ市内、A-Nost やMaison Bleueといったカジュアルなレストランや、高級なLa Maison Blancheのテラス・レストランを過去に手がけていて、常に新しい提案であっと言わせる人気のインテリア・デザイナーである。アンドレ・ラタンはオーナーの祖父で19世紀のダンディーそのものだったというアンドレをインスピレーション源にし、マラペールは温かみとエレガンスが共存する内装をつくりあげた。

170313-parisdeco-03.jpg170313-parisdeco-04.jpg

オテル・アンドレ・ラタンの客室とフロント。

ヴィンテージ・タッチが溢れる1階のコーヒーショップ&カクテル・バー。朝8時から24時(日月は15時)までの営業だ。マレ地区で人気のRachel’sの美味しいケーキを揃えているのが嬉しい場所だ。そして、16時からは“ミクソロジスト”のマリー・ピカールによる、モスコミュールやマンハッタンといったクラシックはもちろん、斬新なホーム・メイド・カクテルを楽しめる。サーディンやテリーヌなどシェアして味わえるちょっとした料理もあるので、アペリティフ・タイムから閉店の23時まで自在に活用したい。暖かい季節がきたら、朝から晩までテラス席が魅力!

170313-parisdeco-05.jpg170313-parisdeco-06.jpg

宿泊客でなくてもウエルカムのコーヒー・ショプ&バー。

170313-parisdeco-07.jpg

太陽の季節に活用したいオテル・アンドレ・ラタンのテラス席。

Hotel André Latin
50-52, rue Gay Lussac
75005 Paris
tel:01 43 54 76 60
www.hotelandrelatin.com
大村真理子 Mariko Omura
madame FIGARO japon パリ支局長
東京の出版社で女性誌の編集に携わった後、1990年に渡仏する。フリーエディターとして活動し、2006年より現職。主な著書は「とっておきパリ左岸ガイド」(玉村豊男氏と共著/中央公論社)、「パリ・オペラ座バレエ物語」(CCCメディアハウス)。
  • パリ
  • ホテル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年6月号 No.492

      homme et femme 男と女。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。