Parisienne file.vol.5クロチルド・ド・マンダ・グランセ&シャルロット・ド・マンダ・グランセ/ショップオーナー

冬のヴァカンスを楽しむ、パリジェンヌ的アイテムは?

パリジェンヌファイル

気がつけば、あっという間に12月。2016年も終わりに近づいてきました。
一年を締めくくるこの時期の大切な行事と言えば、やはりクリスマスやニューイヤーイヴのパーティ、そして冬のヴァカンスです。
さて、そんな季節をパリジェンヌたちは、どうやって過ごしているのでしょう?
今回はレザー小物とジュエリーのブランドを手掛けるおしゃれな姉妹、クロチルドとシャルロットにインタヴュー。日本とはひと味違う冬のイベントの楽しみ方や欠かせないアイテムについてお話を聞きました。

161228_parisiennne_IMG_9436.jpg

幼少時代は、クリスマスが終わると年末からパリを出発して、ヴァカンス先で新年を迎えることも多かったというふたり。メルヴィルというアルプスの麓だったり、南仏の海沿いの町などディスティネーションは毎回違ったけれど、当時の楽しい思い出は、今でも心に大切に残っている。大人になって結婚した最近では、スキーなど冬のスポーツを楽しむ旅が恒例だというクロチルドとシャルロット。さて、そんな彼女たちが冬のヴァカンスへ必ず持っていくものとは?

パリジェンヌのヴァカンスに外せないアイテムは?

【レザーグローブ】パパから2年前のクリスマスプレゼントに贈られた手袋。ボン・マルシェで購入した"メゾン・ファーブル"のもの。やわらかな子羊の表革に、カシミアの裏がダブルになっているので、使い込むほどに肌に馴染み、暖かい。シックなボルドー色もクロチルドのお気に入り。

【レイバンのサングラス】「丸いフレームのベーシックなデザインながら、蔓の部分が細くて華奢なメタリックなのが気に入っているの」。軽くて疲れにくいし、どんな服のスタイルとも相性がいいので、シャルロットは、ヴァカンスはもちろん街中でも一年中愛用している。

【フランス古典作家の詩集】モリエールやヴィクトル・ユーゴーをはじめ、17~19世紀のフランス古典作家のロマンティックな作品を集めた詩集。祖母から譲り受けて大切にしている一冊で、ヴァカンスへは小説といっしょに必ず持っていくそう。「パッと開いたページに書かれているポエムを読んで、非日常空間を楽しむのが好きなの」。クロチルドにとってヴァカンスに欠かせない大切なもの。

【ヴェレダの保湿クリーム】オーガニック成分配合のヴェルダのナイトクリームは、ウィンタースポーツで乾燥した肌に潤いを与えてくれる信頼の一本。やさしい薔薇の香りにも癒されて、ぐっすりと安眠できる効果も!

Clotilde de Mandat Grancey/クロチルド・ド・マンダ・グランセ(姉/左)Charlotte de Mandat Grancey/シャルロット・ド・マンダ・グランセ(妹/右)
ショップオーナー

ファッションデザインとグラフィックを学んだ姉とビジネススクールでコミュニケーションを専攻した妹が2012年に立ちあげた レザー小物とジュエリーのブランド「Sestora paris(セストラ・パリ)」。アールデコからインスピレーションを得たデザインのジュエリーと半貴石を飾ったポーチやバッグなど、色と素材で遊ぶモダンなコレクションが人気。2014年11月に旗艦店をオープン。 http://www.sersta-paris.com 99,rue du bac 75007 01-42-84-35-78

photos:MANA KIKUTA, realisation:HIROKO SUZUKI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年7月号 No.493

      人生って......旅のようなもの。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。