Parisienne file.vol.12 カミーユ・シャトレ / ショップマネージャー、女優

パリジェンヌ、夏の仕事スタイルはシックがルール。

パリジェンヌファイル

仕事スタイルには、程良く旬をプラスして

モンマルトルの麓、人気エリアのサウスピガールから仕事場のあるマレ地区まで、お天気のよい日には歩いて通勤するというカミーユ。だから、ワークスタイルは動きやすいパンツを中心にコーディネート。
「去年まではスキニーやスリムデニムが多かったけれど、今年はワイドなシルエットがお気に入り。8分丈のクロップドパンツで足元に抜け感を作ります」
そこにロゴTシャツや、ヴィクトリアン調のロマンティックブラウス、マリンキャスケットなど、トレンドアイテムをオン。リアルクローズで作る"旬"なコーディネートが完成しました。

_DSC0599 (1).jpg

アパレルブランドのショップマネージャーという仕事柄、ジーンズやスニーカーなど比較的カジュアルな服装でもOK。
「ワードローブの5割がユニクロです。仕事に行く時に気をつけているのは、色のトーン。マリンブルーやブラック、白などベーシックなモノトーンでカジュアルな中にも少し落ちついた色合いでまとめます。そこにボルドーやキャメルを差し色に使って、シックな雰囲気を作るのがマイルールです」

カジュアルアイテムを、シックに仕上げるコーデのコツは?

【白スタイルはデニムジャケットで引締める】

Tシャツにワイドパンツというシンプルな着こなしにルメール×ユニクロのデニムジャケットを合わせたワークスタイル。「爽やかな白×デニムは夏の定番コーディネート。ボルドーのバッグとベージュのシューズでシックなワークスタイルに格上げします」

【マスキュリン小物で今の気分をON】

ヴィンテージショップで購入したマリンキャスケットは、この夏のお気に入り小物。「メンズライクな小物をあえてマスキュリンなコーディネートで仕上げるのが、今の気分です」ノーカラーのデニムシャツとストレートのブラックデニム、ヴァンズのスニーカーというスタンダードなスタイルでまとめました。

【カジュアルさを抑える素材選びを】

「Mr.A」でおなじみの人気アーティスト、アンドレ・サライヴァとユニクロのコラボTシャツは、ロゴのデザインをチョイス。カジュアルになり過ぎないようにプリーツ加工のワイドパンツと組み合わせました。「オールブラックのスタイリングは素材の組み合わせで楽しみます」

【フェミニンなブラウスはシンプルにまとめて】

ヴィクトリアン調のブラウスはマンゴで購入。胸元のギャザーやふんわりとしたスリーヴなどロマンティックなデザインだから、デニムパンツや、大きめなバッグ、メンズライクなシューズで辛口なスタイリングに。

Camille Chatelet / カミーユ・シャトレ

リヨン生まれの25歳。フランス最高峰と評されるリールのEDHECビジネススクールを卒業後、シャネルをはじめとする、モードのグランメゾンでコミュニケーションとしてキャリアをスタート。2016年9月からUNIQLOのショップマネージャーに就任。また、エージェントに所属し、女優としても活躍中。

photos:AYUMI SHINO, réalisation:HIROKO SUZUKI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年11月号 No.497

      セクシーな私、可愛い私、二面性のある私。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。