10月 パリから農園へ「リンゴで熱々パンケーキ!」

パリのマルシェとレシピ。

先週末、パリから南西へ車で30分、ヴィルタン農場へ行ってきました。

201028-DSC_1507.jpg

畑の入り口には、ハロウィンのデコレーションがあって、急にワクワク。

201028-DSC_1506-(1).jpg

ミニカボチャで、季節の彩りを愉しもう! と自宅の飾り用にいくつか買ってみました。

201028-DSC_1459.jpg

入り口のパネルを見ながら、今日収穫できる野菜を探していきます。

201028-DSC_1467-n.jpg

畑の中に入ると、どうよ、この圧巻のカボチャの量! 子どもたちが歓声を上げながら駆け寄って、親たちは撮影大会で楽しそうです。

201028-DSC_1468.jpg

こちらでは毎月、チーズ祭りやリンゴジュースのアトリエなどさまざまなイベントが催されているのですが、今月はハロウィンのランタン作り。

---fadeinpager---

201028-DSC_1475.jpg

それから目指したのは、リンゴ畑。9月には“リンゴ収穫祭”があったのですが、出遅れました。一輪車で運ぶ人たちが笑顔。

201028-DSC_1474.jpg

まだまだありました!

201028-DSC_1478.jpg

なんと可愛らしい姫リンゴ!

201028-DSC_1479.jpg

畑の隣に放牧されている牛は、大量に落ちているリンゴ欲しさに駆け寄ってきます。あげてもあげても、満ち足りない方々。みんな大好きなのですね。

カボチャとリンゴの興奮が落ち着いて、野菜畑に向かうと……

201028-DSC_1486.jpg

バターインゲンが豊作。なごりのインゲンが肉厚で、これほど立派だとは!

---fadeinpager---

201028-DSC_1514.jpg

秋の蕪もいまが旬。フランス人は皆、葉を捨てていますが、私にとっては大ご馳走。嬉々として持ち帰り、漬物や菜飯にします。

201028-DSC_1492.jpg

自家栽培の穀物や藁で飼育されている、牛の糞を堆肥にしたリッチな土壌で育った根菜は、この時期さらにおいしい。

40年前から始まったこの農場で、独自に工夫を凝らしてきた有機農法は、環境に配慮してゴミを出さずに活用、循環させながらすべてのものと共存していく方法。
なるほど、ここの農産物のおいしさはどのように成り立っているのか、知れば知るほど感心することばかりです。

201028-DSC_1509.jpg

春に来た時には開放されていなかった夏野菜の畑。今年最後のトマトや茄子も少しずつ収穫しました。

201028-DSC_1516.jpg

いたるところで働いているてんとう虫たち、お勤めご苦労様です!

201028-DSC_1520.jpg

畑の後は、農場のマルシェでお買い物。

201028-DSC_1519.jpg

隣にはチーズ工房が。

201028-DSC_1525.jpg

初夏のイチゴや木の実、秋の栗、牛乳のコンフィチュールなど、すべて農園で育ち加工されたおいしいものが並んで。朝食が楽しくなりそう!

201028-DSC_1522.jpg

ここで1950年代から作っているバター、ヨーグルトやチーズは、パリのエピスリーにも卸しています。いちばん人気は、色とりどりの自家製コンフィチュールを入れたヨーグルト。

さて、収穫したリンゴをカゴに入れて帰宅。可愛い姿を眺めながら作った夕方のおやつをご紹介します。

---fadeinpager---

■リンゴのパンケーキ
Pancake au pomme

201028-IMGP1324---N1.jpg

ー 材料(1枚分:15cmの耐熱器やスキレットなど)

<生地>
小麦粉 30g
卵 1個
牛乳 50㏄
砂糖 大さじ1
バター 大さじ1

<仕上げ>
粉砂糖 少々

<トッピング>
リンゴ 小1個
バター 小さじ1
シナモンパウダー 少々

ー 作り方

1. オーブンを220℃に予熱する。
2. ボールに小麦粉を振るい入れる。別ボールに卵、牛乳、砂糖を入れて泡だて器で混ぜ、小麦粉のボールに少しずつ注ぎ入れながら混ぜる。
3. うつわにバター大さじ1を入れ、予熱したオーブンの中に入れる。バターが溶けてうつわが熱くなったら生地を流し入れ、櫛形に切ったリンゴ、その上にバター小さじ1、シナモンパウダーをのせる。膨らんで少し色づくまで15分くらい焼く。
4. 生地が焼きあがったら粉砂糖を振る。

寒くなると、いつもこれが食べたくなります。熱いミルクティーと一緒に、ぜひどうぞ!

Ferme de Viltain ヴィルタン農場
Chemin de Viltain, 78350 Jouy-en-Josas
営)14~18時(月) 9時~18時(火~日) 無休

畑の案内:www.viltain.fr/notre-cueillette
農場:www.viltain.fr
Instagram:@fermedeviltain
SACHIYO HARADA
料理クリエイター

長い間モードの仕事に携わった後、2003年に渡仏。料理学校でフランス料理のCAP(職業適性国家資格)を取得。 パリで日本料理教室やデモンストレーション、東京でフランス料理教室を開催。フランスの料理専門誌や料理本で、レシピ&スタイリングを担当。16年春、ベジタリアン向けの料理本『LA CUISINE VEGETARIENNE』をフランス全土と海外県、ベルギー、スイス、イギリスなどのヨーロッパ各地で発売。この連載をまとめた『パリのマルシェを歩く』(CCCメディアハウス刊)が発売中。
Instagram : @haradasachiyo

 

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。