Parisienne file vol. 46 ヴィクトワール・フォレスト/モード学生

気分はミニ丈、パリジェンヌの夏スタイル。

パリジェンヌファイル

リに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今月は、ファッションを勉強中のヴィクトワールが登場。黒パンツの着回しに続き、第2回は夏のミニ丈の着こなしを披露。

2008xx-parisienne-vic-0759.jpg

好きなスタイルは「ボヘミアン・ロック」というヴィクトワール。
「ここ数年、ずっと変わらずに好きなテイストです。たとえば、ティアードのドレスは足元に爬虫類柄のブーティを合わせたり、フェイクレザーのミニスカートやショートパンツには、シフォン素材やレースなど透け感のあるトップで、ハード×スイートのバランスを取り入れます。そしてこの夏は、断然ミニの気分。ミニに合わせる足元は、今年トレンドのビリケンみたいなサンダルだとリゾート感が強すぎる。ゆるゆるな感じはパリの街には似合わない気がします。だから、モードなデザインサンダルや、ブーティをチョイスして、全体がシャープで締まるようにコーディネートします」

---fadeinpager---

都会に似合う、ミニ丈スタイル。

2008xx-parisienne-vic-0677.jpg

ザラのボウタイと3段のティアードドレスの甘いディテールには、足元に爬虫類柄のブーティを合わせ、コントラストを。ザラホームのパニエでボヘミアンなムードも添えて。

---fadeinpager---

2008xx-parisienne-vic-0688.jpg

一枚で華やかさがあるから、トップはプリントをチョイスすることが多いそう。ザ クープルズのブラウスとブーティにザラのフェイクレザーのスカートでスタイリング。

---fadeinpager---

2008xx-parisienne-vic-0704.jpg

レースのフェミニンなトップもモノトーンでまとめてスッキリと。ランバンのブラウスとサンダルに、マンゴのフェイクレザーのショートパンツで、都会で楽しむカジュアルスタイルに。

Victoire Forest
エッフェル塔にほど近いパリ15区の生まれの23歳。子どもの頃から憧れていたファッションを学ぶため、パリ15区のMod'Art International Paris(モダール・インターナショナル)に入学。ファッションコミュニケーションを専攻する。最終学年の今年の9月から老舗百貨店「ボン・マルシェ」のプレスとして1年間のインターンシップがスタートする。
Instagram:@vic_pgm
Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photos : MANA KIKUTA, réalisation : HIROKO SUZUKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。