170518-thumb01.jpg

【女子的家電案内#2】一日の疲れを癒す、ベッドルーム家電。

特集 / May 24, 2017

一日の始まりと終わりの時間を過ごすベッドルーム。しっかりとした休息を得るために、ベッドルームはいつだって心地良くありたいもの。こだわりの香りを楽しみ、健康的でクリーンな空間をつくるためのおすすめ家電を選びました。

#1 Bedroom ベッドルームには、目には見えない美しさを届ける家電を。

ふたつの香りで、暮らしのシーンをさまざまに楽しみましょう。

部屋で香りを楽しむときに、気に入った香りがいくつかあるとそれを気軽に使い分けるのは意外と難しくはありませんか。朝、昼、夜といった生活シーンで欲しい香りは違うはず。アロマディフューザー「duo(デュオ)」を使えば、ふたつの香りを手軽に使い分けることができます。

170518-aroma.jpgアットアロマ「ピエゾディフューザーデュオ」 電池式なので部屋のどこでも持ち運びが簡単。50種類もの香りはどれも植物から抽出された天然のエッセンシャルオイルで、気分にあわせて使い分けるのも楽しそう。ボディはホワイトのほかにブラウンも。(W191×D111×H153.5mm)¥39,000(税抜)/アットアロマ

使い方はとても簡単。2種類のアロマオイルのボトルをセットすれば、あとは好みに合わせてスイッチで香りを切り替えるだけです。タイマー機能を使えばふたつのアロマオイルをそれぞれに設定することも。ベッドサイドに置いておけば、朝の目覚めには一日を軽やかにスタートさせてくれる爽快な香りを、夜の眠りには一日の疲れを癒してくれるリラックス系の香りをと、好みにあわせて使うことができます。もちろんリビングルームやオフィスにもいいでしょう。

このディフューザーはピエゾ式(圧電素子)による噴霧方式のため熱による劣化がなく、香りを長く楽しむことができます。超音波振動がアロマオイルを霧状にして空気中に拡散させるので、自然に蒸発させる方式に比べて香りが隅々に広がります。音も静かなので、ベッドルームで使うのにもぴったり。オイルは約50種類の中から選ぶことができます。

●問い合わせ先:
アットアロマ
tel:03-6453-4231
www.at-aroma.com

部屋に溶け込むシンプルなデザインで、健康的な眠りのときを。

心地良い香りを楽しむ一方、部屋の空気はいつだってきれいにしておきたいもの。けれど存在感の強い空気清浄機はリラックスする空間にはちょっとうるさすぎる。だから空気清浄機はシンプルなデザインを選びたいですよね。

170518-air01.jpg 170518-air02.jpg

(ベンチの隣の写真)カドー「AP-C200PS」 商品名の最後につけられたPSはプレミアムステンレスの略。先行して販売されたモデルと違い、こちらは高級感あるステンレスで仕上げられています。シンプルな姿はどんなインテリアとも合わせやすそう。(W242×D242×H652mm)¥55,000(税抜)/カドー (植木の隣の写真)ブルーエア「Blue Pure 221」 ボタンひとつで操作できるシンプルな仕組みがうれしいデザイン&コストパフォーマンスにすぐれたモデルです。シンプルに空気清浄を行う「Particle」モデルと、活性炭のフィルターによる「Particle and Carbon Filter」モデルのふたつを展開。「Particle」モデル、¥54,500「Particle and Carbon Filter」モデル(各W330×D330×H516mm)¥58,500(ともに税抜)/ともにブルーエア

デザイン家電で知られるカドーの「AP-C200PS」はシンプルな筒型の空気清浄機で、どんなテイストの部屋にも溶け込むデザインです。もちろんデザインされているのはその姿かたちだけではありません。「AP-C200PS」は、本体下半分のスリットが入った箇所を吸い込み口に部屋の360°から空気を集め、本体内部のフィルターでろ過した空気を機体上部から放出。天井にぶつかったきれいな空気が部屋に広がります。

搭載されているフィルターは2層構造で、新型の光触媒活性炭フィルターと抗菌HEPAタイプフィルターが一体化したもの。まず吸引された空気は光触媒活性炭フィルターで有害物質をしっかり取り、その後さらに細やかな吸着を行う抗菌HEPAタイプフィルターで空気をきれいに洗います。フィルターは、可視光に照らされることで吸着した細菌などを分解・再生するため、その性能も長持ち。

一方、プロユースの空気清浄機で知られるブルーエアは、北欧からやってきた信頼のブランド。これまでは業務用のような質実剛健なデザインが多かったけれど、リーズナブルでカジュアルに使える新シリーズ「ブルーバイブルーエア」が登場しました。

33cm四方のコンパクトなサイズとクリーンなホワイトの色使いはベッドルームにもぴったり。本体下部の360°に配されたメッシュ部分から空気を吸い込み、フィルターでろ過したきれいな空気を直径30cmのプロペラファンで送風し、本体上部から放出します。見た目にはシンプルだけど空気を効率良く吸入する仕組みになっていて、8畳の部屋であれば約6分で清浄完了。操作は「blue」と刻印されたボタンひとつで、電源のオンオフや風量の切り替えも簡単です。フィルターは使い捨てで交換の目安はおよそ半年に一度。その間のお手入れは不要。フィルターが異なる2種を展開していて、空気清浄をメインに行うモデルと脱臭も行うモデルが。用途にあわせて選べるのもうれしいところ。

●問い合わせ先:
カドー・サポートセンター 
0120-707-212(フリーダイヤル)
cado.co.jp

ブルーエア
0120-974-419(フリーダイヤル)
www.blueair.jp

>>おしゃれに敏感な女性にうれしい、サッときれいが叶う衣類スチーマー。

---page---

シワのないお気に入りの一着で、コーディネートを楽しんで。

クローゼットから取り出した洋服に、夜のうちには気がつかなかった目立つシワが。今日はこの服にしようと思っていたのに……という体験はありませんか。けれど忙しい朝にゆっくりアイロンをかけている余裕はないもの。そんな時にパナソニックの「衣類スチーマーNI-FS530」さえあれば悩みは解決しそう。

170518-iron.jpgパナソニック「衣類スチーマー NI-FS530」 細部まで見直され格段に進化した最新モデルは、サーミスタセンサーを新たに搭載することでムラなくスチームを発生させてくれるので、しっかりと素早くシワを伸ばすことができます。自動ヒーターオフの機能も加わり安全性もアップ。(W70×D150×H150mm 収納時W90×D160×H170mm)オープン価格/パナソニック(パナソニック家事商品ご相談窓口)

時間のない朝に最もうれしいのが、スイッチを入れてわずか約24秒という立ち上がりの早さ。アイロンのように温まるのを待つ必要がなく、スチームボタンを押すとリズミカルな振動とともにスチームが続けて噴射します。これまでのモデルよりもスチームの噴射幅を広げたことも時間短縮につながっていそう。360°スチームなのでどんなに傾けても蒸気は噴出され続け、コンセントのコードも長いので自在にスチーマーを当てることができます。しっかり給水すればおよそ4分使えるので、衣類一着をしっかり伸ばすのには十分。

ジャケットのようなハリのあるアイテムはもちろん、ベルベット、ウール、カシミヤ、アクリル、シルクはアイロン面を衣類から離してスチームを当てれば使用可能。これからの季節、エアコンの効きすぎたオフィスで羽織る薄手のサマーニットはシワになりやすいので、活躍の機会も増えそうです。実は台を使えばアイロンとしても使うことができ、通常のアイロンよりも力強い蒸気にプレスが加わってしっかりシワが伸びます。高温スチームには脱臭・除菌効果もあるといいます。面倒なアイロンがけもあまりに簡単で、洋服のケアにはまってしまいそう。

●問い合わせ先:
パナソニック家事商品ご相談窓口
0120-878-691(フリーダイヤル)
panasonic.jp/iron/steamer

 

【女子的家電案内 #1】忙しい朝を楽しむためのキッチン家電。

photos:SATOSHI YAMAGUCHI, réalisation:YOSHINAO YAMADA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

LATEST ENTRIES

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年8月号 No.494

      おいしくて可愛いバスク。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。