in PARISFRANCE

  • DO・GALLERY

豊潤な映画文化に浸れる、パリの映画マニアの聖地。

Fondation Jérôme Seydoux-Pathéフォンダシオン ジェローム・ セドゥ・パテ<13区>

最先端の現代アートが観られるスポットから、歴史ある美術館まで、パリには知的好奇心を刺激するアートと出合える空間が多く存在する。映画を愛するあらゆる人にすすめたいスポットが、フォンダシオン ジェローム・セドゥ・パテだ。

paris-201405-22-fondationjeromeseydoux-pathe-01.jpg

ロダンによる彫刻があるファサードはそのままに、レンゾ・ピアノが手がけた2200㎡の建築。研究者、歴史家、学生の映画研究センターでもあり、一般人も資料の閲覧が可能。要予約。Photographies de Michel Denancé - Coll. Fondation Jérôme Seydoux-Pathé 2014 – RPBW

1894年から映画に興味を持ち、映画会社を設立したシャルル・パテ。90年代にパテ・シネマを買収したジェローム・セドゥ。ふたりの名を冠した映画文化財団では、映画撮影機器の常設展や無声映画から2014年までにパテが製作した映画の上演を行い、映画マニアにはたまらない聖地となっている。

paris-201405-22-fondationjeromeseydoux-pathe-02.jpg

シネマの歴史を目の当たりにできる常設展。

INFORMATION

Fondation Jérôme Seydoux-Pathéフォンダシオン ジェローム・ セドゥ・パテ<13区>

73, avenue des Gobelins 75013

01・83・79・18・96

PLACE D’ITALIE、LES GOBE LINS

Salle Charles Pathé、展示会場:13時~19時(火~金) 10時~19時(土) ガイド付き案内は土曜17時~(要予約) 休)日、月 資料閲覧:10時~13時、14時~18時(月~木) 10時~13時(金)(要予約) 閉:土、日

MASTER、VISA

www.fondation-jeromeseydoux-pathe.com

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos : JULIE ANSIAU,SHIRO MURAMATSU, réalisation : KAORUKO YASUDA

※掲載情報はFIGARO 2015年4月号 別冊「パリ最新アドレスブック。」より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。