蒸し暑い夏を心地よく演出する、自然派フレグランス。

今日のカラダにいいこと!

欧米に比べ、日本はフレグランスを日常使いする人が少ないと言われています。濃密な香りは好まれず、人気があるのはどちらかというと「透明感のある」「誰からも嫌われない」「上品なフローラル」。他者との距離感や調和を重んじる日本人ですから、人と会う時は、香りに気を使うのでしょうね。

ところが……? 今回のコロナ禍を経て、そんな日本人の「香りへの意識」が変化しているという話を聞いたんです。お相手は、ビューティサイトの投稿や口コミを分析するアナリストの女性。「外出自粛で家で過ごす時間が増え、まずはルームフレグランスやアロマへのニーズが高まりました。フレグランスに関しても同じで『人と会う機会が減ったからこそ、他人の目を気にせず自分が好きな香りを使う』という声が目立ったんです」とのこと。調和を重んじる日本人っぽいな~と感心すると同時に、やはり「ストレスを感じた時に香りの力って重要なんだな」と、あらためて思った出来事でした。

誰もが生活の変化を余儀なくされ、何がしかのストレスを抱えていたこの数カ月。香りは嗅覚から直接感情に働きかけ、リラックスや癒やしの感覚をもたらす存在であったはず。今回は、これからやってくる本格的な夏に向けて、心地よく香り立ち、気分を解放してくれるような「自然にインスパイアされた香り」をご紹介したいと思います。

精油が折り重なり、晴れ渡る「空」を表現した香り。

イトリン

天然由来成分95%で構成された、イトリン初のフレグランスが「オーデコロン 晴HALARI」です。ベースに南紀白浜の合気温泉水と、国産のオーガニック発酵エタノールを使い、良質な「天然の精油」で調香された香り。トップはシトラスとハーブが爽やかに香り立ち、次第にラバンディン油など奥行きのあるハーブの香りと重なり合います。ラストはサンダルウッドなど、温かみのあるウッディな香りへ――。

200714-natural-f-01.jpg

オーデコロン 晴HALARI 14ml ¥8,800/イトリン

透明感にあふれ、晴れ渡る「海」と「空」を表現した香りは、お疲れ気味の時でも、清々しくポジティブな気持ちを呼び覚ましてくれるはず。時間の経過とともに、深く、甘く、落ち着いた樹木の香りに包まれて、森の中を散歩しているような落ち着いた気分へと誘います。精油のみを用いた香りは、都市型の環境下でがんばる女性に、大自然の息吹を届けてくれる効果も。仕事の合間にシュッとひと吹きしたり、休日のリラックスタイムに纏ったり、忙しい女性にこそ心からオススメしたい香りです。

---fadeinpager---

瞑想的な気分へと誘う、アロマティックハーブ。

アユーラ                              

アユーラから7月31日に登場する「メディテーション パルファンドトワレ」。実はコレ、アユーラのベストセラーであり「瞑想風呂」の愛称で親しまれる入浴剤「メディテーションバス」を再現した香りなんです。ローズマリーやカモミールなど、薬効感のあるハーブを絶妙なバランスで組み合わせ、どこか和の趣も感じるという、不思議な香り。「何の香り」と表現するのが難しいけど、ホッとする癒やしの空気を感じます。

200714-natural-f-02.jpg

メディテーション パルファンドトワレ 20ml ¥4,400(7/31限定発売)/アユーラ

いまから25年前、アユーラは100種以上の香料を検討し(入浴剤のために!)「どこにもない、やみつきになるような香り」を作ろうと、開発に1年以上費やしたそう。そして誕生したアロマティックハーブは、四半世紀の間変わることなく愛され続けてきました。透明感にあふれ、ほんのり甘く、瞑想的な香りは、外出時はもちろんお風呂上がりやお休み前に纏うのも◎。穏やかな気持ちを呼び覚まし、心地よい眠りにつけそうです。ブランド誕生25周年を記念した限定品なので、気になる方はお早めにぜひ。

---fadeinpager---

青々とした、フレッシュなハーブの息吹に包まれて。

ダウンパフューム

天然香料を用いて「女性たちの幸福感」をテーマに独自の香りを編み出すダウンパフューム。最新作の「ame」は、シュッとひと吹きした瞬間、初夏のハーブ園の風景、もしくは新鮮な野菜をカットした時に立ち上るグリーンの香気が広がります。桃源郷からインスパイアされたという香りの主役は「ルバーブ」。スイーツにも用いられ、爽やかな酸味とビターな味わいのある、個性的なハーブです。

200714-natural-f-03.jpg

ダウンパフューム オードパルファム アメame 30ml ¥11,550/デュード

ペルシャンライムやグリーンメロンのみずみずしい香りに、ルバーブがアクセントを添え、ハスの花やローズの透明感あふれる甘みと調和した香り。ちょっぴりキュウリやメロンを連想させる青々とした香調で、蒸し暑いこれからの季節にこそ心地よく使えそう。何よりダウンパフュームの特徴は、肌そのものや体温と溶け合って、ほのかに香ること。個性的な香りですが、主張しすぎることなく、植物の新鮮な息吹を感じることができそうです。

今回ご紹介したフレグランスは、いずれも外出先だけでなく、日常のあらゆるシーンで活躍します。朝目覚めた時に自然のエナジーをチャージするもよし、休日のリラックスタイムに纏うもよし、もちろんお休み前のひとときにも最適。忙しい毎日を過ごしている人ほど、植物が織りなす豊かな香りの力を借りて。お疲れ気味の心とカラダを、解き放ってあげましょう。

●問い合わせ先:
イトリン
0120-151-106(フリーダイヤル)
www.itrimbeauty.com

アユーラ
0120-090-030(フリーダイヤル)
www.ayura.co.jp

デュード
tel:03-5458-3085
https://dawn.theshop.jp

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

【関連記事】
私を、毎日を、豊かにする香りについて。

texte:NAMIKO UNO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。