「齊藤工 活動寫眞館」について

齊藤工が『ゾッキ』現場で竹中直人と山田孝之を撮影。

「齊藤工 活動寫眞館」について

俳優・斎藤工が、アーティスト・齊藤工として手がける、モノクロ写真。尊敬する人、会いたい人にカメラを向け、映画のメインキャストを撮影するように、一瞬の表情と佇まいを写し取る。フィガロジャポン本誌「齊藤工 活動寫眞館」に未掲載のカットと、齊藤自身の言葉で、撮影舞台裏を綴ります。今回は映画『ゾッキ』で共同監督を務めた竹中直人、山田孝之が登場。

各界のクリエイターたちから熱く支持される漫画家・大橋裕之が、自費出版の形で発表していた初期作品を上下巻にまとめた作品集『ゾッキA』『ゾッキB』。本作に惚れ込んだ竹中直人の呼びかけにより、竹中、山田孝之、齊藤工の3人が共同監督を務める、前代未聞の実写映画化プロジェクトが実現した。

「大橋裕之さんとの出会いは、共演でした。
松岡茉優さん、伊藤沙莉さんの『その「おこだわり」、私にもくれよ‼︎』()で、ともに癖のある刺客的な出方で、最終話のエンディングにて甲板で踊るみたいな謎の出会い。
そこから大橋作品に出合い、大橋ワールドの心地よさを知り、気が付いたら虜でした。
なので大橋作品を監督させていただくことは正直恐さが伴いました」

*テレビ東京系にて2016年に放送されたフェイクドキュメンタリードラマ番組。

201020_takumi_saitoh_S__152830027.jpg

撮影が行われたのは2020年2月、原作者である大橋の出身地・愛知県蒲郡市。地元では映画ゾッキ蒲郡プロジェクト委員会が発足し、ロケ場所の許諾や車両、食事など全面的に撮影サポートを行ったという。

ゾッキとは“ひとまとめ”といった意味で、古書市場で極めて安い価格でひとまとめに販売される新品本のことを指す用語だ。シンプルながら何とも味わい深いタッチで描かれる『ゾッキ』の世界が、果たしてどんな実写作品になるのだろうか。

「竹中さんがかつて『無能の人』を撮られていなかったら、自分も『blank13』を撮っていなかったかもしれません。
それくらい大きな背中を見せていただいてきた方なので、『ゾッキ』プロジェクトは夢のような学びの時間でした」

こう齊藤が振り返るように、3人の監督にはそれぞれ担当エピソードやキャラクターがあるものの、時にそれらは交錯し、ふたりまたは3人が共同で演出を手がけるシーンもあったという。

201020_takumi_saitoh_S__152830037.jpg

「“山田孝之”という存在は、これを読んでいる方の中にも唯一無二な象徴として映っているのではないでしょうか?
もちろん私にもそうです。
さらには“監督・山田孝之”の才覚は『ゾッキ』に集約されています。そんな作品に携われて幸せです」

映画『ゾッキ』は2021年公開予定。それに先駆けて、10月31日からスタートする第33回東京国際映画祭2020にてワールドプレミア上映が決定した。3監督ともに“最高”と称するキャストの顔ぶれは? どのエピソードが実写化されるのか? 興味は尽きない。

『ゾッキ』
●監督/竹中直人、山田孝之、齊藤工
●2020年、日本映画
●113分
●配給/イオンエンターテイメント
●2021年公開予定
竹中直人 NAOTO TAKENAKA
1991年、主演も務めた初監督作『無能の人』がヴェネツィア国際映画祭で国際批評家連盟賞に選出され、国内外で高く評価される。『119』(94年)『東京日和』(97年)『連弾』(01年)、『サヨナラCOLOR』(05年)などに続き、21年公開の映画『ゾッキ』が8作目の監督作品となる。テレビ東京系ドラマ「ざんねんないきもの事典」、読売テレビ系ドラマ「極主夫道」に出演中。21年、NHK大河ドラマ「青天を衝け」に水戸藩主・徳川斉昭役で出演する。
山田孝之 TAKAYUKI YAMADA
1999年に俳優デビュー。俳優として映画やドラマ、舞台で活躍するほか、18年よりNHKやNetflixにて配信される「聖☆おにいさん」では製作総指揮を務める。19年には映画『デイアンドナイト』をプロデュース。『ゾッキ』にて長編映画初監督に挑む。出演作『新解釈・三國志』『はるヲうるひと』の公開が控える。21年1月からはミュージカル舞台『モンティ・パイソンのSPAMALOT featuring SPAM』に主演。
takumi_saitoh_portrait180915.jpeg

TAKUMI SAITOH
長編初監督作『blank13』が国内外の映画祭で8冠獲得。18年、パリ・ルーヴル美術館のアート展にて白黒写真作品が銅賞受賞。19年も出品。18年よりHBO Asiaの国際プロジェクトにて2年連続日本代表監督を務め、多数の賞を受賞。アジアアカデミークリエイティブアワードではそのうちの1作『Life in a box』が最優秀監督賞にノミネートされる。主演作『8日で死んだ怪獣の12日の物語』が公開中。Amazon Prime Videoにて独占配信中のオムニバス映画『緊急事態宣言』の園子温監督『孤独な19時』に主演。主演作『シン・ウルトラマン』、監督作『ゾッキ』が21年公開予定。《TOKYO TELEWORK FILM》にてリモート作品多数制作中、随時オンライン公開予定。移動映画館cinéma bird主宰。“自粛期間”中、Instagramも開始。Instagram : @takumisaitoh_official

【関連記事】
愛を詰めたお弁当のような、齊藤工監督作が放送に!
齊藤工が監督した安藤裕子のMV「一日の終わりに」に、門脇麦・宮沢氷魚が出演。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。