BURBERRY’s DUALITY

新作「アリス」も必見! 広がる「TBバッグ」の世界。

セレブが選ぶ、バーバリーの「TBバッグ」ファミリー。

BURBERRY’s DUALITY

あらためて知る、「TBバッグ」の魅力。

ウエアはもちろんのこと、これまでバッグのデザインにおいても非凡な才能を見せてきたリカルド・ティッシ。時代の空気を鋭く切り取りながら、長く愛用できる上質なバッグをつくり出す名手だ。

バーバリーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任してからも、魅力的なアイコンバッグを次々に発表しているのはご存じのとおり。
>> バーバリーのシグネチャーバッグを総ざらい!
なかでも、現在のバーバリーを代表するアイコンバッグが「TBバッグ」だ。

200703-burberry-01.jpg

リカルド・ティッシがバーバリーに参画したのち、初めてデザインしたバッグが「TBバッグ」。「TB」のクラスプが目印。
© Courtesy of Burberry

世にあるほかのアイコンバッグと異なるユニークな点は、「TBバッグ」から派生したバッグをファミリーという形で発展させていること。機能性とデザイン性の高さゆえに、こぞってファッションセレブたちが「TBバッグ」ファミリー全体を愛用しているのも特徴だ。

今回は、あらためて「TBバッグ」の魅力に触れつつ、セレブリティの愛用スナップと“新ファミリー”「アリス」を紹介したい。

---fadeinpager---

職人の緻密な手作業によって生まれる「TBバッグ」。 

「TBバッグ」のファーストモデルは、キメが細かく艶やかでラグジュアリーなボックスカーフレザーを使用。フランスで育てられたオランダ産カーフによる、最高品質のレザーだ。その後、キルティングレザーやキャンバスなどさまざまなバリエーションが加わったものの、ものづくりにおける共通点は、イタリアで熟練の職人たちの手によって生み出されているということ。

200703-burberry-02.jpg

「TBバッグ」のフラップ(かぶせ)部分の型紙。
© Courtesy of Burberry

バッグ1点の製作にかかる時間は平均5時間。職人がレザーを入念にチェックし、カッティングに最も適した部分を見極めるところから始まる。1点につき28のレザーパーツからなり、パーツの縫合やコバの仕上げ、内側のロゴの型押しなど、職人の手作業によってバッグが完成する。「TBバッグ」は細心の注意と緻密な作業から生まれる、職人技の賜物だ。

200703-burberry-03.jpg

コバ(レザーのエッジ)は、一カ所ずつ職人が丁寧にハンドペイントして仕上げる。細かな処理が見た目の美しさと耐久性を生む。
© Courtesy of Burberry

「TBバッグ」は外側(裏面)にジップポケット、内側にジップポケットと2つのコンパートメントを備えており、機能性も抜群。仕切りがあるため持ちものが整理しやすく、外側のポケットはちょっとしたチケットやレシート、交通系カードなどを入れるのに便利。使うほどに高い機能性が実感できるつくりだ。

200703-burberry-04.jpg

バッグ裏側、外ポケットのパーツ。片サイドにマチがあり、ものを出し入れしやすい。
© Courtesy of Burberry

200703-burberry-05.jpg200703-burberry-06.jpg

「TB」クラスプの貴重なパーツ写真を公開。「TB」はブランド創業者、トーマス・バーバリーのイニシャルが由来。アーカイブに残る本人直筆のイニシャル画に着想を得て生まれたモノグラムだ。
© Courtesy of Burberry

また、機能性とデザイン性、クラフトマンシップを備えた存在として象徴的なのが、「TBバッグ」ファミリー最大の特徴でもあるクラスプ(金具)。0.5ミクロンの24Kゴールドで美しくメッキ加工されたイニシャルモチーフで、もちろんバーバリーだけの特注品。イタリアで鋳造されており、仕上げは手作業。1点につき作成に1時間半ほどかかる。

アイコニックなデザイン要素であると同時に、飾りではなく実際に開閉できる機能的なパーツでもある。豊富なラインナップが揃うバーバリーのバッグのなかでも、最もこのクラスプが生きるのが「TBバッグ」ファミリーだ。

---fadeinpager---

シーンレスに活躍する「TBバッグ」。 

2019年春夏コレクションでのデビュー以来、多くのセレブリティやファッションインフルエンサーに愛用されている「TBバッグ」。彼女たちのスナップからわかるのは、シーンを問わないバッグであるということ。フォーマルからデニムカジュアルまで、幅広い着こなしにマッチしてくれる。

200703-burberry-07.jpg

ジャケットにランジェリーライクなドレスを合わせて、上級ミックスコーディネートを披露した女優のシャーリーズ・セロン。「TBバッグ」はストラップを外せばクラッチに早変わり。
© Courtesy of Burberry

200703-burberry-08.jpg

インスタのフォロワー数が514万人を超える人気モデル、ステラ・マックスウェルはキルティングでモノグラムを表現した「TBバッグ」を愛用。シンプルなスーツスタイルのアクセントに。
© Courtesy of Burberry

200703-burberry-09.jpg

ブラックピンクのジスはカットソー×パーカ×デニムの超カジュアルな着こなしに黒の「TBバッグ」をさらりと。エレガントなバッグがコーディネートを引き締めてくれる。
© Courtesy of Burberry

---fadeinpager---

着こなしに遊び心をプラスしてくれる「ローラ」。

続いて、「TBバッグ」の翌シーズン(2019年秋冬コレクション)に登場した「ローラ」の着用スナップを紹介。「TB」クラスプのほか、目印はフルフラップ&チェーンストラップ。ロゴ入りやカラーブロックなど、遊び心のあるデザインが充実しているのが特徴だ。

200703-burberry-10.jpg

2000年代に大活躍したのち、現在は女優として活動するアギネス・ディーン。得意のカジュアルな私服は健在! 少しフェミニンなドットのワンピースにロゴ入りの「ローラ」がインパクトを添えて。
© Courtesy of Burberry

200703-burberry-11.jpg

モデル&タレント、さらにはオーラルケアブランド「MOON」のプロデューサーとして多方面で活躍するケンダル・ジェンナー。インスタは1.3億人超えと、時代を象徴するインフルエンサーのひとりといえる彼女も「ローラ」を愛用。前出のアギネスと同じロゴ入りをシンプルな着こなしのポイントに。
© Courtesy of Burberry

200703-burberry-12.jpg

実写版の映画『アラジン』で大ブレイクしたロンドン生まれの女優、ナオミ・スコット。セクシーかつシックな着こなしに、アクセントカラーが利いた「ローラ」がマッチ。
© Courtesy of Burberry

---fadeinpager---

ブレイク必至! 注目の新バッグ「アリス」 。

最後に紹介するのが、「TBバッグ」の最新作。2020年秋冬プレコレクションで初登場した「アリス」だ。ボックス型でリュクスな雰囲気の「TBバッグ」に対して、こちらはより柔らかくカジュアルな雰囲気。やや太めのストラップとプッシュボタン式の「TBクラスプを採用したシンプルなデザインで、合わせやすく使いやすいバッグだ。

200703-burberry-13.jpg

ゴールドの金具が映えるブラック。バッグ「ミディアム レザー アリスバッグ」(H24×W32×D12㎝)¥308,000(予定価格)
© Courtesy of Burberry

「アリス」という名前はトーマス・バーバリーの愛娘にちなんで名付けられたもの。素材はしなやかで軽くソフトなゴートレザー。なかでも傷がつきにくく丈夫で、革本来の風合いが楽しめるグレイニーレザー(本革)を使用している。カラーバリエーションは、ブラックや深みのあるレッド、ホワイトなどシックな色が揃う。

「TBバッグ」同様、外側にジップポケット、内側にジップポケットと2つのコンパートメントを備えたつくりで、機能面も優秀。また、クラスプが「TBバッグ」ファミリー初のプッシュボタン式で、開閉もスムーズ。シーンを選ばないうえ、ストレスフリーで活用できる期待のニューフェイスだ。

200703-burberry-14.jpg

落ち着いた深みのあるレッドで、きれいめやかっちりした着こなしにもなじむ。バッグ「ミディアム レザー アリスバッグ」(H24×W32×D12㎝)¥308,000(予定価格)
© Courtesy of Burberry

よいものに触れる機会が多く、かつ多忙なセレブリティに「TBバッグ」ファミリーが選ばれる理由は、機能性とデザイン性が高いレベルで共存していることと、着こなしにフレッシュな魅力を与えてくれる点にあるといえるだろう。

シーズンを追うごとにラインナップが充実し、進化を続ける「TBバッグ」ファミリー。これからも楽しみな、ほかにないアイコンバッグだ。

●問い合わせ先 :
バーバリー・ジャパン
tel:0066-33-812819

www.burberry.com
www.instagram.com/burberry
www.facebook.com/BurberryJP
https://twitter.com/Burberry
LINE ID : @burberry_jp

※この記事に記載している価格は、標準税率10%の税込価格です。

photos:© COURTESY OF BURBERRY, réalisation:NAOKO MONZEN, design : SANKAKUSHA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。