BURBERRY’s DUALITY

バーバリー21年秋冬新作から、編集部が選ぶベストルック。

BURBERRY’s DUALITY

2021年秋冬コレクションのテーマは「フェミニニティ」。

21年4月21日(水)、日本時間の23時に開催されたバーバリーの21年秋冬ウィメンズウエアのプレゼンテーション。リカルド・ティッシが「全女性へのラブレター」と語るコレクションのテーマは、「フェミニニティ」。

ロンドンのバーバリー旗艦店を舞台に、自由でパワフルな、戦士のように何も恐れない女性たちの比類ない力を祝うコレクションを発表した。

Burberry-01-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

会場となったのは、バーバリーの世界最大規模の店舗であり、ブランドの真髄を表す場所といえるロンドンのフラッグシップストア、リージェントストリート店。ロンドンの目抜き通りに位置する旗艦店は、18年9月にリカルド・ティッシのデビューコレクションを披露する際、時を同じくしてティッシのディレクションのもと全面改装されたショップだ。

Burberry-02-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

もともと劇場であったことがインスピレーション源となった、幕を彷彿とさせるドレープカーテンが特徴的。内装の基調となる色は、トレンチコートから発想を得たハニーカラー。キャメルやベージュ、コッパー、ブラックといったアーシーな色をキーカラーとする今回のコレクションと調和する舞台となった。

Burberry-03-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

サウス・ロンドンで活躍するプロデューサー/シンガーのシャイガールによる朗読からスタートしたプレゼンテーションでは、女性、ひいては人類、自然を称える力強く、かつモダンなルックを披露。

「今回のコレクションは、女性のエネルギーを象徴するものにしたいと考えました。その根底には、個性的でエキセントリック、そしてオーセンティックという非常に英国的な要素があります」とティッシが語る通り、ブランドのアイデンティティである英国的な要素――伝統、奇抜さ、そして1960年代から連綿と続く若い世代が生むストリートカルチャーをティッシらしく再定義して取り入れているのも特徴だ。

---fadeinpager---

編集部が選ぶベストルック10は?

ここでは、エレガンスが薫るルックから大胆でエキセントリックなルックまで、ティッシのフィルターを通して表現されたバラエティに富むバーバリーの秋冬コレクションから、編集部が選んだベストルック10を公開する。

Burberry-04-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

ティッシらしく再構築されたトレンチコート、猟師をイメージしたトラッパーハット、オーバーサイズのフラットバッグ「スカーフトート」、チュール素材のヌーディなソックスブーツと、今回のコレクションのキーアイテムが凝縮されたファーストルック。

Burberry-04item-210506.jpg

トラッパーハット¥90,720(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-04item2-210506.jpg

Vネックトレンチコート¥561,000(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-01item-210506.jpg

スカーフトート¥341,000(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-05-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

フラッグプリントが大胆に施されたシルクのアシメトリードレス。ケープスリーブを採用した流動的なシルエットは、自由な感覚を想起させる。自由で何者にも縛られない女性像を表現した今季ならではのルックだ。人気アイコンバッグ「オリンピア」のヌーディ&フラットな新作「スカーフクラッチ」にも注目。

Burberry-05item-210506.jpg

アシンメトリックドレス¥367,200(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-06-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

ティッシらしいセンシュアルなベルベット×ジャージー素材のボディスーツに、イノセントな印象のチュールスカートを合わせたテイストミックスなルック。ボディスーツとスカート、どちらもフラッグ柄のインターシャ編みが特徴。グラフィカルな表現とクラフツマンシップが融合したウエアたちだ。

Burberry-06item-210506.jpg

インターシャチュールスカート¥237,600(予定価格)
© Courtesy of Burberry

---fadeinpager---

Burberry-07-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

ウール素材のトレンチコートをウエストまでクロップした、大胆かつシックなデザイン。長めのショートパンツと合わせた、意外性とフェミニニティが薫るスタイリングだ。ショートコートとパンツに施されたフリンジは今季を象徴するディテールのひとつ。少し誇張した、太めのフリンジが特徴的。

Burberry-07item-210506.jpg

クロップド トレンチコート¥453,600(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-08-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

トレンチ同様、こちらもウエスト丈までクロップされたダッフルコート。バーバリーのハウスコードとしてティッシが導入した「アニマル・キングダム」を色濃く感じさせる一着。手触りのよいエコファーをリアルな質感に仕上げ、自然のものとそれを模したものを巧みに組み合わせたルック。ウールのロングジレとのレイヤードも新鮮だ。

Burberry-08item-210506.jpg

クロップド リコンストラクテッド ダッフルコート¥648,000(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-09-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

今回、多く見られた特徴のひとつが、バーバリーにとってアイコニックなケープとケープ風のディテール。ケープの軽やかな動きは、今回ティッシが描き出そうとした自由なマインドを想起させる。こちらは、幾何学プリントのカラーブロックとケープ風の袖が目を引くシルクドレス。袖をカットアウトしたボディスーツとの重ね着もユニーク。

---fadeinpager---

Burberry-10-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

カシミアで仕立てたリバーシブルのケープも話題のアイテム。表側にはバーバリーのハウスコートであるチェック柄がディフォルメされ、オーバーサイズで織られているのがポイント。ケープの下には幾何学プリントのドレスを着用。色の系統を合わせた、パターンonパターンのお手本にしたいルックだ。

Burberry-10item-210506.jpg

アーカイブベージュ チェック カシミヤ リバーシブルケープ¥561,600(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-11-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

全身ホワイトの、ピュアな魅力が引き立つルック。野うさぎからインスパイアされたユニークなモヘアブレンドのディテールを首周りにあしらった、ティッシらしい“再構築”が生かされたダッフルコートが主役。オーバーサイズのバッグはフェイクシアリング素材。同色×異素材の組み合わせはぜひ秋冬に取り入れたいテクニック。

Burberry-11item-210506.jpg

リコンストラクテッド ダッフルコート¥550,000(予定価格)
© Courtesy of Burberry

Burberry-12-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

伝統を見つめ直し、英国の服飾文化の原点に立ち返ったテーラリングをいかしているのも今回のコレクションの特徴。女性に向けて、テーラリングを“モダンな鎧”と再定義してジャケットやパンツに取り入れている。このルックでは、足首まで垂れ下がる大胆なパネルディテールを取り入れたテーラードジャケットに、透け感のあるチュールにパネルを重ねたインナーを合わせ、新しいセクシーの形を体現。

Burberry-13-210506.jpg

© Courtesy of Burberry

袖につけたパネルが歩くたびに颯爽と翻るトップのディテールが特徴的なルック。ボトムスには、デフォルメしたフラッグ柄をインターシャ編みで表現したサテンスカートを合わせて。オールブラックのなかに、シルエットのおもしろさや表現力豊かな技法が凝縮されたスタイリングだ。

Burberry-13item-210506.jpg

トラッパーハット ウィズ パネル¥84,240(予定価格)
© Courtesy of Burberry

---fadeinpager---

全ルックの様子はフルバージョンのムービーでチェックを。冒頭のシャイガールによるパフォーマンスも必見だ。

ベルリンを拠点とするクリエイティブデュオ、アムネジア・スキャナーのメンバー、ヴィレ・ハイマラがショーの音楽をプロデュース。© Courtesy of Burberry

セレブリティが選んだ秋冬アイテムは?

プレゼンテーションにあたり、ケンダル・ジェンナーやマドンナといった錚々たるセレブリティがインスタグラムにコレクションを祝う投稿をアップ。それぞれが纏った秋冬コレクションのスペシャルエディションから、着こなしのアイデアを取り入れたい。

【CELEBRITY’S CHOICE】 KENDALL JENNER

 

ケンダル・ジェンナーは愛犬のドーベルマンとのツーショットを投稿。自立した女性を思わせる、光沢素材のVネックトレンチコートを纏って。

【CELEBRITY’S CHOICE】GIGI HADID

 

ジジが選んだのは、コレクションでもひときわ目立っていフラッフィーなコート。うさぎの耳のようなフードがたまらなくキュート!  ニュアンスのある大人っぽいダスティピンクも◎。

【CELEBRITY’S CHOICE】MADONNA

 

“強い女”の代表格(⁉)マドンナは、無数のアイレットをちりばめた存在感たっぷりのトレンチを着こなした写真をポスト。レザーのサイハイブーツもマドンナのイメージそのもの。

【CELEBRITY’S CHOICE】NAOMI CAMPBELL

 

ファーのトロンプルイユが目を引くトレンチを主役に、シンプルなパンツを合わせたナオミ。長いフリンジをあしらった「フラッグバッグ」は今回のコレクションで初登場した注目アイテム。

【CELEBRITY’S CHOICE】 ISABELLE HUPPERT

 

シアーなブラックドレスに大ぶりのベルをモチーフにしたペンダントを利かせたイザベル・ユペール。ヌーディなチュール素材のソックスブーツは今回のコレクションで多く登場した話題のシューズ。

●問い合わせ先 :
バーバリー・ジャパン
tel:0066-33-812819

www.burberry.com
www.instagram.com/burberry
www.facebook.com/BurberryJP
https://twitter.com/Burberry
LINE ID: @burberry_jp

 

photos:© COURTESY OF BURBERRY, réalisation:NAOKO MONZEN

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。