シャネルの魅力にクローズアップ

【シャネル22】

シャネルが生んだ、永遠のマイバッグとパリで。

シャネルの魅力にクローズアップ

シャネルのバッグの代名詞ともいえる「11.12」。パリの日常にとけ込むエターナルなバッグの魅力を、小粋なビジュアルとともにお届け。

女性たちの日常に寄り添う、クチュリエールによるバッグ。

男性用の斜めがけバッグから着想し、1929年に誕生した「2.55」。ショルダーバッグがなかった時代に女性たちの手を解放し、上品さと実用性を備えた新しいスタイルを提案した。その遺伝子が詰まった伝統の「2.55」を再解釈して、80年代初めに登場したのが「11.12」。これらのふたつのバッグは、クラスプにダブルCをあしらっている点とチェーンにレザーを編み込んでいるディテールは異なるものの、ガブリエルが切望した「どんな制限にも囚われず、自身の魅力を引き出すことができるバッグにしたい」という想いを受け継いだエターナルなバッグだ。

THE-CHANEL-ICONIC-01-210414.jpg

© Inez & Vinoodh

チェーンバッグと聞いてまず思い浮かぶのがシャネルの「11.12」。ダイヤモンド形のキルティングステッチと、レザーを編み込んだチェーンが特徴。王道のブラックは、デイリーウエアにもドレスにも映える。バッグ「11.12」¥920,700/シャネル(シャネル カスタマーケア)

THE-CHANEL-ICONIC-05-210414.jpg

パリの老舗、カフェ・ドゥ・フロールの前を颯爽と歩くのは、2021年秋冬のショーでもトップを飾ったモデルのリアン・ヴァン・ロンパエイ。

---fadeinpager---

リズミカルな音楽に乗って、職人たちの鮮やかな手さばきで作られるバッグ。貴重な制作過程を映像で。

ダブルCのクラスプやダイヤモンド形のキルティングが象徴的なバッグ「11.12」を彩る完璧な装飾には、メゾンが誇る職人たちの技が宿る。その製作はレザーからパーツを切り出すことから始まり、全180の工程を経て、完成する。「11.12」バッグは現在でもヴィルジニー・ヴィアールの手により変幻自在に素材を替え、時代を牽引するデザインで進化している。

THE-CHANEL-ICONIC-04-210414.jpg

カフェ・ドゥ・フロールのテラスで寛ぐモデルのルイーズ・ド・シュヴィニーを撮影するイネス&ヴィノードの姿を捉えた貴重なビハインド・ザ・シーン。

THE-CHANEL-ICONIC-03-210414.jpg

自転車でパリの街を走るのは女優のゾエ・アジャーニ。アクティブなシーンにも「11.12」がエレガンスを添える。彼女は、フランスを代表する女優、イザベル・アジャーニの姪。


見慣れたパリの街並みに、エターナルなバッグが映える。

今回、バッグ「11.12」のキャンペーンの撮影を担当したのは、オランダ人のフォトグラファーデュオ、イネス&ヴィノード。モデルを務めたのは、アナ・ムグラリスやイマン・ハマムなど個性際立つ5人の女性だ。ソフィア・コッポラが撮影風景を撮り下ろしたスペシャルなムービーも展開する。

ソフィア・コップラのディレクションによるムービー。パリの街並みを舞台に、さまざまなスタイルの女性たちがバッグ「11.12」を手に颯爽と歩き出す。

THE-CHANEL-ICONIC-02-210414.jpg

シャネルらしいツイードのセットアップにパールのネックレス。そこにシックで控えめなサイズの「11.12」を合わせた女優のアナ・ムグラリス。

*「フィガロジャポン」2021年6月号より一部抜粋

photos : ⒸCHANEL, texte : TOMOKO KAWAKAMI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。