おしゃれ好きなもので......

北欧ヴィンテージ家具、ついに我が家へ。

おしゃれ好きなもので......

こんにちは。最近目黒区に引っ越した編集MSです。
長い休みがあれば必ず海外に行く私ですが、今回のGWは珍しく都内に残り、
ひたすら引っ越しの段ボールの山を開ける日々。

連休中は新しく買った洗濯機や冷蔵庫、ソファなどの家電&家具が次々に届き、
ようやく家らしくなってきました。

なかでも気に入っているのが、寝室に置くために買ったハイチェストです。

190507-chest1.jpg

「服好きだから、それを収納する時もおしゃれなドゥロワーに入れたいの!」と夫に宣言し、
ウォークインクローゼットから早くもあふれ出している洋服たちを収納するために買ったこちらは、
デンマークの1960年代のヴィンテージ。
元々はもっと黄みがかった茶色のチーク材が、経年変化できれいな飴色になっています。

この6段タイプのヴィンテージハイチェストはいろんな北欧家具店で取り扱いがあるのですが、
我が家の狭い寝室では幅65cmまでが限界。
実はこの形のチェスト、ほとんどが幅78~85cmの造りのよう……。

連休前半には、スローハウス二子玉川店と天王洲アイル店で
開催中のDANISH VINTAGE FESTAに足を運びました。
その後も目黒通りのLewis(ルイス)をはじめとする通称「家具屋通り」や代官山のGreeniche(グリニッチ)など、都心の有名どころはいろいろ回りましたが、残念ながらサイズが合わず……。

家に帰ってからも、Chloros(クロロス)やConnect(コネクト)など、
北欧ヴィンテージ家具を扱うオンラインショップを夜な夜なサーチ。

そこで見つけたのが、東京・吉祥時と三鷹の間に実店舗を構える
Please(プリーズ)という北欧家具店にあったチェストでした。

190507-Please_HP.jpg

幅のサイズが合う、というのがまずいちばんの理由でしたが、
全体的に状態がとてもよかったこと、木目が美しく飴色がきれいだったこと、
引き出し内部が丁寧に張り替えられていて大切な洋服を収納するのに抵抗がなかったことが
決め手になり即決。
連休中にもかかわらず、購入翌日にお店の人が届けに来てくれました。

190507-chest2.jpg

「愛する服は愛する家具に入れたい!」と、完全にデザイン重視で買ったハイチェスト。
届いてから早速衣類を入れてみたものの、下着類やTシャツ、インナーでほとんど埋まってしまい、早くもピンチを迎えています。
が、そのことは夫には内緒です。

そして次は虎視眈々と、片袖のヴィンテージデスクを狙っています。
同じくデンマーク製のチーク材で作られたものが理想ですが、
これまた幅120cmと少し小ぶりなものを探しているので、まだまだ北欧ヴィンテージ家具探しの旅は続きそうです。

Please Tokyo プリーズ 東京
東京都武蔵野市中町2-24-17-1F
tel:0422-27-7685 
営)12時~19時(金~日、祝) ※月~水はアポイント制。
休)木
www.please-co.com

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。