スタイリストのスタイル塾/2019年春夏ファッション

スタイリスト田畑アリサ、ワークウエアの着こなしルール。

スタイリストのスタイル塾

雑誌「フィガロジャポン」をはじめ、幅広く活躍するスタイリストの田畑アリサさんに、スタイリングのルールを指南いただく企画「スタイリストのスタイル塾2019年春夏」。初回は、トレンド系アイテム「透ける」ウエアのルールを教えていただきました。今回は、田畑さんの定番でもある、ワークウエアのルールを紹介いただきます。

ワークウエアは、レディな要素のさじ加減に気配りを。

190415-cut04_027.jpg

ルール1「カジュアルなつなぎにはエレガンスをプラス」

田畑さん自身のベーシックウエアでもあるつなぎ。「ワークウエアはどうしてもきちんと感が出ないので、スタイリングを提案する時はそういった要素をプラスするようにしています。今回ならばエレガンス。袖から覗かせたフリルや、ピンヒールのサンダル、大きなイヤリングなどでポイントを押さえます。ヘアやメイクもヌーディにまとめて、デイリーに着こなしてほしいです」
メンズのジャンプスーツ48,600/アニエスベー 中に着たハイネックレースブラウス138,240/シャッツィ・チェン フリルの袖のブラウス71,280/ダウェイ(ヴィア バス ストップ ミュージアム) イヤリング36,720/エムエム6 メゾン マルジェラ(エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ) パンプス¥62,640/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)

---fadeinpager---

190415-cut05_069.jpg

ルール2「セットアップには上品なストリート感を」

「ジャケットの下にはスポーティなブルゾンとロゴTシャツを合わせています。ゴールドとパールが目を引くイヤリングや足もとの大きなフリル。単品で見ると大げさですが、マニッシュなセットアップに合わせれば、程よい上品さを引き出してくれます」。ビッグサイズのショルダーをセレクトして、いまどきのジャケットスタイルに。
ジャケット¥52,920、パンツ¥22,680(ともに予定価格)/ともにラコステ(ラコステお客様センター) 中に着たブルゾン142,560/ヘロン・プレストン(イーストランド) 前後逆に着たTシャツ9,720/アドサム(ニード サプライ) ピアス22,680/アントン ユニス(ヴィア バス ストップ ミュージアム) パンプス96,120/ニナ リッチ(アウドクシア 銀座松屋店

---fadeinpager---

スタイリングに取り入れたい、おすすめアイテム

190415-cut08_023.jpg

昔から作業着好きという田畑さん。「ペンキが飛び散ったようなデザインと厚手の生地はまさに好みです」。なめらかな手触りやレーシーで女性らしいトップを合わせて。オーバーオール¥194,400/オーエーエムシー(エドストローム オフィス)

190415-cut08_018.jpg

この春トライしてみたい気持ちも込めて選んだというショートパンツのセットアップ。ビジュー付きのフラットやウエスタンブーツなど、足元とのコーディネートにも妄想を膨らませたい。ジャケット¥77,760、ショートパンツ¥25,920/ともにジョン ローレンス サリバン

---fadeinpager---

インスピレーション源

190415-cut01_016.jpg

「幼い頃、週末はよく父に連れられてホームセンターに行っていました。その影響か、ワークウエアがすごく好きで、スタイリングによく取り入れています。ホームセンターに売られているものも好きで、最近は仕事で必要なものを探す時だけでなく、プライベートでも出かけています。海外に行く時も、必ずと言っていいほどホームセンターには立ち寄っていますね」
写真はドイツのホームセンターで買い込んだというブラシやマスク、袋など。日本で購入したペンチは、撮影の備品づくりで使い込んでいるそう。左上から時計回りに紙袋、スポンジ、ビニール袋、刷毛、ペンチ、マスク、手袋/以上スタイリスト私物

●ショップリスト
アウドクシア 銀座松屋店 tel:03-3563-1770
アニエスベー tel:03-6229-5800
イーストランド(ヘロン・プレストン) tel:03-6712-6777
ヴィア バス ストップ ミュージアム tel:03-5459-1567
エドストローム オフィス(オーエーエムシー) tel:03-6427-5901
エムエム6 メゾン マルジェラ  オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) tel:03-3408-8681
3.1 フィリップ リム ジャパン tel:03-5411-2870(※4月22日よりtel:3-6433-5011に変更)
ジョン ローレンス サリバン tel:03-5428-0068
シャッツィ・チェン tel:03-6212-2878
ニード サプライ(アドサム) tel:03-5738-2136
ラコステお客様センター(ラコステ) 0120-37-0202(フリーダイヤル)
sty_tabata_arisa_500.jpg

プロフィール
スタイリストの山本マナに師事。2017年に独立後、「フィガロジャポン」をはじめさまざまなモード誌、カタログや広告などで活躍。独創的なレイヤリングや、アヴァンギャルドな雰囲気が漂う中に、フェミニズムを感じさせるスタイリングが人気。インスタグラム:@tabata_arisa  http://tabataarisa.com

【関連記事】スタイリスト田畑アリサ、透ける服の着こなしルール。

photos : OSAMU YOKONAMI, stylisme : ARISA TABATA, coiffure et maquillage : MOMIJI SAITO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。