いぬパリ

続蚤の市、「帝王」と名付けられたプードル

いぬパリ

181030-inuparis-001.jpg

こんにちは、吉田パンダです。前回もちょっと書きましたが最近引っ越しをしていて、新居の台所に冷蔵庫や調理台もまだない時は、ダンボールに囲まれながら冷凍食品やピザ、電子レンジで温めるだけのものを食べていました。冷食といえば日本にも最近出店したPicardも悪くないのですが、それらの「簡単ご飯」の中でも「ムオッ!!これは!!(←誰だよ)」と思ったものが写真のシリーズ。故ジョエル・ロブション監修、フルリー・ミション社から出ているレトルト食品です。写真のものはタラとハドックのパルマンティエ。こんなに完成度が高いレトルトを、5.5ユーロで買えるフランスはいい国。そのへんのカフェで食べるよりおいしいですよ。旅行中の部屋に電子レンジがあるなら、強くオススメします。

多くを語りたい(もう十分書いた)のですが、誌面の都合上リンク置いておきますね。

内容物(仏語サイト・素晴らしい)

レトルト食品開発にまつわるお話(日本語サイト・これまた素晴らしい!さすがロブション)

ちなみに、ステマでも広告でもありません。フルリー・ミションのご担当者さま! もしこのブログを読んでもレトルト食品の詰め合わせとか、アトリエ・ロブションのお食事券とか、ご招待とか、いやいやいや、そんなお気遣いいただかなくて大丈夫ですよ。いやいやいや、、←早くいぬパリを。

181030-inuparis-002.jpg

さて、前回の続きで再びクリニャンクールから。

181030-inuparis-003.jpg

レトロな椅子やデーブルが並ぶだけで、なんだか絵になる街角です。

181030-inuparis-004.jpg

おっと、あちらにもヴィンテージな黒いモフモフが、、、。

181030-inuparis-005.jpg

「ヴィンテージちゃいますよ。ぴちぴちの2歳イケメンです」

イケメンがロン毛で見えにくいですが、その名もミカドくん。どこに行くにも着いてくる甘えたプードルです。

181030-inuparis-006.jpg

「は?そこのパンダさん、頭が高い。我が名はミカドであるぞ」

ははーーって、いや、抱っこされてるだけだよね。ミカドってこっちで言ったらポッキーの名前だから、思わず「ポッキーのミカドですか?」って聞いちゃったし。実際お菓子ではなくて、「エンペラーのミカドよ」ということだったけど。すごい名前をもらったものですね。

181030-inuparis-007.jpg

飼い主さんは、この場所でもう40年以上お店をやっているとか。それこそクリニャンクールのマダム・ミカド、、。

181030-inuparis-008.jpg

というわけで、なすがまま犬のミカドくん。周辺のオーナー達にも大人気。「うむ、苦しゅうない」と、抱っこされたまま今日も引見に忙しいのです。拝謁を賜り感謝いたしますワン。次回のいぬパリもどうぞお楽しみに。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。