いぬパリ

おいしいパリとラブラドール

いぬパリ

236_001-panda-yoshida-190312.jpg

うむ、今日も自宅でカミーユが私の食卓を整えてくれているな、君の献身にはいつも助けられ、、、って自宅のわけはありません、吉田パンダです。3月20日発売のパリ特集で訪ねたレストラン「クラランス」でのボツカットでした。ミシュラン2つ星。せっかくフランスに来るなら一度はちゃんと正装して、こういう舞台で食事もいいですね。

236_002-panda-yoshida-190312.jpg

続いてパリ特集撮影時のまかないをご紹介。パリ9区、「カイユボット(Le Caillebotte)」。現在は界隈に3店舗を構えるシェフ、Franck Barangerが2013年にオープンしたネオビストロ。当時からいまでもスタイルを変えず、素材重視で洗練されたフレンチです。ランチ19ユーロはお値打ち。

236_003-panda-yoshida-190312.jpg

前菜はマグロ、メインは仔牛のロースト。

Le Caillebotte

236_004-panda-yoshida-190312.jpg

内装もシンプルにこんな感じ。

236_005-panda-yoshida-190312.jpg

というわけでランチを食べたあと、ちょうど散歩に出かける黒犬&おばあちゃんに出会いました。ラブラドールのエジプトちゃんと、マリーさん。カラフルなマフラーに、すっきりとしたブルーのボトムがおしゃれです。

236_006-panda-yoshida-190312.jpg

「せっかく散歩に行けると思ったのに、、」と浮かない顔のエジプト。マリーさんに名前の由来を聞いたら「うーん、別に。Eで始まる年だったから」とのお答え、、(フランスは名前で生まれ年がわかるように、便宜的に毎年違うアルファベットをペットに冠する習慣がある)。

236_007-panda-yoshida-190312.jpg

もうシニア犬だから、口まわりが白くなってるのよと見せてくれたマリーさん。対して、「乙女に年齢は聞かないものよ」とエジプトちゃん。

236_008-panda-yoshida-190312.jpg

日本の実家では昔、エジプトと同じ黒ラブを飼っていました。小さい頃はまったく言うことを聞かず、家具はボロボロにするし、姿見に映る自分に向かって突進→流血したりとアホなことばかりしてたんですが、エジプトはそんなことはないそうです。賢いねえ。

エジプト「黒ラブ話はいいから、お散歩に行かせてシルブプレ」

ごめんごめん。それにしてもエジプトおばあちゃん、お腹がむちむちですよ。

236_009-panda-yoshida-190312.jpg

エジプト「エヘヘ、何といっても“おいしいパリ(フィガロ今月号特集テーマ)”だからねえ」

おあとがよろしいようで、、。年を経てもチャーミング、パリ9区で出会ったおばあちゃんコンビでした。次回もどうぞお楽しみに。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。