ラ・プランク・ホテル、あなたの新しいパリの隠れ家です。

PARIS DECO

ホテルというより、女友だちの家に泊まるような、あるいは、ちょっとした知り合いのアパルトマンの部屋を貸してもらったといった感じ。そんなリラックス感いっぱいのプチホテルがオープンした。サン・マルタン運河からもそう遠くない場所で、パリといったらサン・モール、パルマンティエ、ベルヴィルなど10区、11区の地名に耳慣れているという人におすすめの36室からなるホテルである。その名は、La Planque(ラ・プランク)。「隠れ家」の意味だ。

181027-la-planque-01.jpg

181027-la-planque-02.jpg

181027-la-planque-03.jpg

10月にオープンしたラ・プランク。室料は157〜282ユーロ。Photos:Nicolas Anetson

ロビーらしくないロビーで、昔のお菓子屋さんで使われていた木製のカウンターにてチェックイン。シックでコージーなインテリアの旅がここからスタートする。内装はレ・アールのスノッブ・ホテル、1区のルーヴル・ピエモンテなどを手がけた女性デュオのデジュウ・ドゥレイユによる。過去のオブジェをモダンな空間にうまく取り入れ、パリのアパルトマン風の快適さをホテルの中に作り上げるふたり。このラ・プランクでも彼女たちらしさが十分生かされているが、直線より曲線の印象が強く、これまで以上にフェミニンな内装だ。落ち着きのあるブルーやブラウンといったトーンを落とした色使いが目に快適で、客室は寛ぎに満ちている。

181027-la-planque-04.jpg

チェックインカウンター。ようこそ隠れ家へ。

181027-la-planque-05.jpg

不揃いの家具、ヴィンテージタッチの照明器具……パリのアパルトマンのようなインテリアだ。

181027-la-planque-06.jpg

インテリアを担当したダフネ・デジュウとドロテ・ドゥレイユ。

181027-la-planque-07.jpg

客室。縦長の楕円のランプを組み込んだヘッドボードも、彼女たちのデザインである。

181027-la-planque-08.jpg

部屋ごとに異なるグラフィカルなカーペット、そして懐かしい電話器を備えたテーブルがチャーミング。

181027-la-planque-09.jpg

落ち着いた色調の室内とよいバランスの明るいバスルーム。

ガラス屋根の下、太陽を感じながらとる朝食も悪くない。古びたピンク色の壁、ダークブルーのタイルの床、植物……魅力的なパシオで過ごすのが嬉しくて、時間が過ぎるのも忘れてしまいそう、と隠れ家という名にぴったりのホテルである。最寄り駅は地下鉄11号線のGoncourt。

181027-la-planque-10.jpg

ガラス屋根の朝食ルーム。

181027-la-planque-11.jpg

時代を経た古い品に美を見出してコレクション。そんなオーナーの家にお邪魔した感じがするホテル。

181027-la-planque-12.jpg

ひとり旅なら、絶対ここが特等席!

181027-la-planque-13.jpg

それほど広くないけれど気持ちのよいパシオ。Photos:Nicolas Anetson

La Planque
3, rue Arthur Groussier
75010 Paris
www.laplanquehotel.com
大村真理子 Mariko Omura
madameFIGARO.jpコントリビューティングエディター
東京の出版社で女性誌の編集に携わった後、1990年に渡仏。フリーエディターとして活動した後、「フィガロジャポン」パリ支局長を務める。主な著書は「とっておきパリ左岸ガイド」(玉村豊男氏と共著/中央公論社)、「パリ・オペラ座バレエ物語」(CCCメディアハウス)。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。