Parisienne file vol. 47 イゼ・マズッティ/イラストレーター

パリジェンヌ、夏から秋へのヴィンテージシャツ着回し。

パリジェンヌファイル

リに暮らす、パリジェンヌのファッションやライフスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今月は、イラストレーターとして活躍中のイゼが登場。初回は大好きなヴィンテージシャツの着こなしを教えてもらいます。

200818-parisiennefile1-01.jpg

オーバーサイズのシャツは、パパから譲り受けたもの。上質な貝ボタンや小さめな襟の形などシンプルな作りが好きで、普段からメンズシャツを度々愛用しているそうです。ヴィンテージラバーのイゼが頼りにしているショップは、レアール地区にある老舗のキリウォッチや、エピソード。
「時間を見つけてはお店をチェック。ラルフ ローレンや、ポール・スミス、ケンゾーなどでコンディションのいいシャツが見つかるの。だいたい白かピンストライプのベーシックなデザインをチョイスすることが多いわ。ビッグシルエットを生かして、ロングスリーブをあえて腕まくりせずに着たり、半分だけボトムインしたりと、遊びのあるシルエットを楽しみます」

---fadeinpager---

ビッグシャツの、着回し3スタイル。

200818-parisiennefile1-02.jpg

リーバイスのブルーデニムは自分でカットオフ。シンプルなコーディネートは、半分だけボトムインしてシルエットで遊んで。セントジェームスのキャスケットとシューズはDr.マーチン×コレットの限定モデルで夏らしい爽やかな着こなしが完成。

---fadeinpager---

200818-parisiennefile1-04.jpg

鮮やかなオレンジのニットジレは、1年前にザラで購入。フレアーなシルエットのジーンズと合わせて、1970年代風のレトロな味付けに。足元はコレクションしているほど大好きな、Dr.マーチンで決めるのがイゼのスタイル。

---fadeinpager---

200818-parisiennefile1-03.jpg

白シャツにウィークエンドのロングジレとザラのデニムで、グレイッシュなモノトーンの着こなしに。ボリュームのある&アザーストーリーズのヘッドドレスがアクセント。

Ysé MASUTTI
イタリア人の父とフランス人の母を持つ、パリ14区生まれの23歳。パリ15区の美術専門学校エコール・ドゥ・コンデでイラストを学ぶ。卒業後は、フリーランスのイラストレーターとしてキャリアをスタート。パリのガイド本『Le Guide du Parisien Curieux』でイラストを担当し、すでに3冊出版。現在4冊目を準備中。
Instagram:@ysemasutti
Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photos : AYUMI SHINO, réalisation : HIROKO SUZUKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。