中森じゅあんの算命学

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2017年1月7日〜2017年2月3日の運勢

  • 2017年のスタートは、急ピッチにことを進めるよう要求されます。仕事始めから責任ある仕事を持たされて緊張が続くか

    MORE

  • お正月休みが明けた途端、とにかく忙しい日々が待ち構えています。目の前のことをこなしていくのに精一杯で、夜はバタン

    MORE

  • 早くも“変化”の星がやって来ました。恋愛や家庭にとってエース級の星が巡るので、つき合って

    MORE

  • “愛”の星が巡り来ています。あなたの生活のさまざまな場面で“愛”

    MORE

  • 繊細さを表す星が巡り、細かいことにもしっかり目が行き届くほどあなたの感受性が研ぎ澄まされる月です。今月はあなたの

    MORE

  • お正月気分がなかなか抜けきれない、リラックスモードが続く月です。そのままのびのびと大らかな気持ちのまま、穏やかに

    MORE

  • 今年最初にやってくるのは、人間関係を象徴する“社交”の星です。1月には、新年会やパーティ

    MORE

  • はやくも“スタート”を意味する強いエネルギーの星がやってきており、あなたの前向きなやる気

    MORE

  • お正月の休暇には故郷へ戻って、家族・親族いっしょに過ごす時間を十分にとれましたか? 今期はそうした家族間の親密な

    MORE

  • 年頭にあたって、何か思いきったことをチャレンジする計画を立ててみるよう、星が告げています。今年1年の計を、これま

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年2月号 No.488

      あらためまして、ニッポン 和っていいな。

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。