「齊藤工 活動寫眞館」について

齊藤工 活動寫眞館・弐拾玖 大政絢。

「齊藤工 活動寫眞館」について

俳優、斎藤工。そして、映画監督、齊藤工。表舞台であらゆる「人物」を演じ、裏方にまわり物語をクリエイトしていく。齊藤工がいま見つめるものとは、何か。彼自身がシャッターを切り、選び出す。モノクロームの世界に広がる、「生きた時間」を公開していきます。今回は、俳優・モデルとして活躍し、先日は齊藤が主宰するcinéma bird in 北海道にゲスト出演した大政絢が登場。

不安定な天候がようやく収まった10月のある朝、渋谷のスタジオには窓から眩い光が差し込んでいた。

「お天気、大丈夫でしたか?」スタジオに現れた大政絢は、スタッフを気遣うように声をかけてくれた。彼女自身が柔らかな光のような存在感を放っていた。

191120_aya_omasa_01.jpg

大政が支度をしている間に、齊藤がスタジオに到着。午前中にだけ鮮烈な光が入るというその一角で、グレーの背景を使うことにした。そしてもう1カ所はレンガの壁の前。齊藤は背景や構図を決める時、常にスピーディだ。

「cinéma bird in 北海道では、急な打診だったのにもかかわらず、開催の趣旨を深く理解し、お忙しい中快諾してくださった。大政さんの地元北海道への強い想いを感じました」

齊藤がこう語るように、ふたりは今年9月に北海道の勇払郡むかわ町で齊藤が主宰した、cinéma bird in 北海道以来の再会だった。大政は、ハリのある白い布地にゴールドのビーズやスパンコールを施したシャツワンピースにグリーンのパンツを纏い、グレーの背景の前に立った。

191120_aya_omasa_02.jpg

齊藤が撮影した一連の写真を見て、皆がその美しさに感嘆の声をあげた。モノクロームの写真では、光を受けたグレーが水墨画のようなニュアンスとなり、真っ白いドレスとその胸元を飾る装飾が繊細な陰影を作っていた。そして大政が見せる多彩な表情を、光と影でとらえていた。

レンガの壁の前に移動すると、齊藤は大政に、髪と肌をウェットな質感にしたいとリクエスト。大政はすぐさまその意図を理解したかのように、聡明な瞳をヘアメイクのSAKURAに向ける。SAKURAが用意したオイルを大政が手で丁寧になじませると、髪の質感が変わっていく。そしてリップにも光沢をのせる。

191120-omasa-aya-03.jpg

その間、齊藤は窓からの光を完全に遮った。撮影に立ち会ったフォトグラファーの今林浩一が、齊藤の撮影に合わせて手持ちのライトを大政に当てる。大政はカメラの前で髪をかき上げたり、水を肌に纏わせたりして、先ほどのシチュエーションとは違った表情を見せる。齊藤は彼女に寄ってその変化をとらえていく。

191120_aya_omasa_04.jpg

先日、自身の故郷でもある北海道で行われたcinéma birdでは、子どもたちの目線に近づくようにかがみこみながら感想を尋ねたりする、その優しい眼差しが印象的だった。その姿とは対照的に、カメラの前の大政は、強い眼差しを返し、瞳の中に複雑なニュアンスを感じさせたり……これまでに見たことのないような大政が写し取られていた。

「シャッターを切るたび、ほぼ全カットが優美な作品として成立していきました。それは紛れもなく大政さんのスキルです。圧巻でした」

191120-omasa-aya-01.jpg

先日それぞれにとって大切な時間を共有し、そして今回新たなコラボレーションを果たした大政と齊藤。撮影後の別れ際にふたりが交わした笑顔は、この日の空のように晴れやかだった。

191120-omasa-aya-02.jpg

大政絢 AYA OMASA
北海道出身。テレビドラマや映画で俳優として活躍するとともに、ファッション誌「BAILA」(集英社刊)でレギュラーモデルを務める。2019年9月、齊藤工が主宰する「cinéma bird in 北海道」にゲスト出演。テレビ東京系「超かわいい映像連発!どうぶつピース!!」、TBS系「林先生の初耳学」にはMCとして出演中。スキンケアやボディケアなど“美”の秘訣が詰まったビューティーブックを2020年1月下旬にSDPより発売予定。Instagram:@aya_omasa_beauty_book
takumi_saitoh_portrait180915.jpeg

TAKUMI SAITOH
移動映画館cinéma bird主宰。長編初監督作『blank13』(18年)が国内外の映画祭で8冠獲得。昨年末、パリ・ルーヴル美術館のアート展にて白黒写真作品が銅賞受賞。今年も出品予定。日本代表として監督を務めたHBO Asia “Folklore”『TATAMI』、同企画第2弾“Foodlore”『Life in a box』が各国映画祭およびBS10スターチャンネルにて放送予定。企画・制作・主演の『MANRIKI』が11月29日公開。企画・脚本・監督・撮影の『COMPLY+-ANCE』が来年2月公開予定。21年公開予定の『シン・ウルトラマン』では主演を務める。

ワンピース¥28,600/ヌキテパブラック(トゥモローランド) パンツ¥30,800/エディション(エディション 表参道ヒルズ店) ピアス¥19,800/モダンウィービング(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) ほかスタイリスト私物

●問い合わせ先:
エディション 表参道ヒルズ店 Tel. 03-3403-8086
ギャルリー・ヴィー 丸の内店 Tel. 03-5224-8677
トゥモローランド 0120-983-511(フリーダイヤル)

【関連記事】
齊藤工とシネマバード in 北海道。前編
齊藤工とシネマバード in 北海道。後編
個性的すぎるキャラクターが集結! 映画『MANRIKI』特集の舞台裏。

stylisme : KUMI SAITO, coiffure et maquillage : SAKURA (MAKIURA OFFICE)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。