「齊藤工 活動寫眞館」について

齊藤工 活動寫眞館・参拾漆 伊藤健太郎。

「齊藤工 活動寫眞館」について

俳優、斎藤工。そして、映画監督、齊藤工。表舞台であらゆる「人物」を演じ、裏方にまわり物語をクリエイトしていく。齊藤工がいま見つめるものとは、何か。彼自身がシャッターを切り、選び出す。モノクロームの世界に広がる、「生きた時間」を公開していきます。今回は、2018年7月号の連載第11回に登場した、伊藤健太郎の未掲載カットを特別公開。

200718_takumi_saitoh_kentaro_ito_01.jpg

外出自粛期間が長期となり、世界中でさまざまな活動が止まってしまっていた日々、齊藤工はこの状況だからできることを考え、次々と実行に移した。特設サイト「A TAKUMI SAITOH FILM」を公開して自身が関わる映像作品を無料公開すると同時に、全国の小規模映画館をサポートするべくミニシアター・エイド基金に賛同、そして俳優の井浦新、渡辺真起子とミニシアター・パークを始動。そして監督・プロデューサーとして《TOKYO TELEWORK FILM》と題し完全リモート撮影・編集の短編を世に送り出した。さらに俳優・斎藤工として出演した岩井俊二監督『8日で死んだ怪獣の12日の物語』はオンライン公開を経て7月31日(金)から全国で劇場公開される。

いっぽうでこの「活動寫眞館」ではいったん歩みを止めて振り返ることを選択。前号のコムアイに続き、今回は伊藤健太郎の未公開カットを掲載することにした。

200718_takumi_saitoh_kentaro_ito_03.jpg

「新たなセッションもよいのですが、見てほしい伊藤健太郎がアーカイブにたくさんあり、色褪せない魅力を宿していましたのでどうぞ」

この撮影からほどなく、健太郎は芸名を本名である「伊藤健太郎」に変え、さらに活動の幅を広げているのはご存じのとおりだ。齊藤が撮影した伊藤の背景に広がる、渋谷駅前の歩道橋から見晴らす夜景もいまや一変。この時だからこそとらえられた若き俳優の輝きと進化する街の光を、モノクロの世界に永遠に刻み込んだ。

ちなみに当時、撮影場所について相談をした中で、バスケットボールが好きな伊藤の思い出の場所であるという渋谷の宮下公園も候補になった。しかしながらその時は渋谷の再開発のため閉鎖されており、ついに今月末、新名所「ミヤシタパーク」としてオープンする。バスケットコートも屋上の公園に開設予定という。

200718_takumi_saitoh_kentaro_ito_02.jpg

そして、齊藤が出演するテレビ朝日系ドラマ「BG〜身辺警護人〜」では、伊藤が2018年放送の最終話に出演。2年の時を経て、齊藤はこの物語の新たな章を共演者たちとともにつくりあげている。過去を振り返ることは、現在へ続くはっきりとした確かな道のりを再認識することでもあるのだろう。

「健太郎はこれからも、まだまだ山を力強く登っていくのですが、その道のりは、誰かの通った跡でなく“伊藤健太郎の道のり”なので、かつての担任(役)としてたくましさを感じながら今後も見守っていきます」

200718_takumi_saitoh_kentaro_ito_05.jpg

伊藤健太郎 KENTARO ITO
俳優。テレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人~」(2014年)、「BG~身辺警護人」(18年)などで斎藤工と共演。数々の映画やドラマに出演するほか、ラジオパーソナリティ、情報番組MCを務めるなど活動は多岐にわたる。20年4月よりフジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」に主演。MBS系ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」にも出演中。映画では『のぼる小寺さん』『今日から俺は!!劇場版』が公開中、『弱虫ペダル』『宇宙でいちばんあかるい屋根』などの公開が控える。https://aoao-tt.co.jp/prof_kentaro.html
takumi_saitoh_portrait180915.jpeg

TAKUMI SAITOH
長編初監督作『blank13』が国内外の映画祭で8冠獲得。18年、パリ・ルーヴル美術館のアート展にて白黒写真作品が銅賞受賞。19年も出品。18年よりHBO Asiaの国際プロジェクトにて2年連続日本代表監督を務め、多数の賞を受賞する。企画・脚本・監督等の『COMPLY+-ANCE』と最新作『C〇RONAPLY+-ANCE』(ともに20年)が公開中。テレビ朝日系ドラマ「BG〜身辺警護人〜」に出演。映画『8日で死んだ怪獣の12日の物語』が7月31日より全国公開。主演作『シン・ウルトラマン』、監督作『ゾッキ』が21年公開予定。《TOKYO TELEWORK FILM》にてリモート作品多数制作中、随時オンライン公開予定。移動映画館cinéma bird主宰。“自粛期間中、Instagramも開始。Instagram : @takumisaitoh_official

Tシャツ¥10,800/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)0120-55-1978(フリーダイヤル) ニット¥57,240/クリスタ セヤ、サンダル¥23,760/カボクロ(ともにレショップ 青山店)tel:03-5413-4714 パンツ、ブルゾン/ともにスタイリスト私物

【関連記事】
齊藤工 活動寫眞館・拾壱 健太郎。

stylisme : Yoppy, coiffure et maquillage : KENJI IDE

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。