「齊藤工 活動寫眞館」について

齊藤工 活動寫眞館・参拾陸 コムアイ。

「齊藤工 活動寫眞館」について

俳優、斎藤工。そして、映画監督、齊藤工。表舞台であらゆる「人物」を演じ、裏方にまわり物語をクリエイトしていく。齊藤工がいま見つめるものとは、何か。彼自身がシャッターを切り、選び出す。モノクロームの世界に広がる、「生きた時間」を公開していきます。今回は、2017年11月号の連載第3回に登場した、コムアイの未掲載カットを特別公開。

新型コロナウイルスの影響であらゆる撮影がままならなくなっていた時期、フィガロジャポン8月号「齊藤工 活動寫眞館」の内容について、齊藤と編集部とで相談した。公開前の映画の撮影現場で撮影された写真も数名分あったものの、齊藤は次のように語った。「今回の新型コロナウイルスの件では、総じて“更新”していくより、少し足を止めて“振り返れ”と言われている気がします。歩みが早すぎる我々に対して」

01_200619_takumi_saitoh_PA144466.jpg

そこで、過去に掲載した中から未掲載カットを選んで掲載することに決め、候補を挙げていくなかで齊藤から提案されたのは、連載第3回のコムアイの写真だった。連載がスタートしたのは2017年7月20日発売の9月号で、このコムアイの写真掲載は同年9月発売の11月号。その撮影が行われたのはさらに1年近く前、2016年秋のことだ。

「コムアイさんはデビュー当初からご自身のスタンスがしっかりあって、世の中がいくら変わろうと、そのスタンスは変わらずそこに存在している、彼女の主体性は時空を超えると思います。だから“いつのコムアイさん”とかあまり関係ない稀有な方」

04_200619_takumi_saitoh_04.jpg

水曜日のカンパネラ、YAKUSHIMA TREASUREのボーカルとして活躍するのみならず、この撮影時のアートプロジェクト集団Chim↑Pomとの共演を含め、ジャンルを超えたコラボレーションも積極的に行うコムアイ。ファッション業界からも注目を集める存在であり、過去にフィガロジャポン本誌にも最新モードを纏って登場。先日は『バンクシー展』特集のナビゲーターを務めた。そして最新号2020年8月号の「旅する気分で過ごしたい。」特集内で「音楽があの場所へ連れて行ってくれる。」でも協力してくれた。

02_200619_takumi_saitoh_PA144535.jpg

3年以上前、コムアイの煌めきとほとばしるエネルギーを捉えた、齊藤工によるモノクロームの写真の数々。その日から現在にいたるまで、彼女は私たちを魅了し続けている。先ごろNetflixにて世界配信された蜷川実花監督のドラマ「FOLLOWERS(フォロワーズ)」には女優として参加した。その大胆かつ繊細な感性で、いま彼女は世界をどのように眺めているのか。そして時を経て再びコムアイと齊藤のセッションが実現したら、どのような作品が生み出されるだろう。

「『FOLLOWERS』のコムアイさんは抜群に素晴らしかったですね。どんだけ才能あるんだよと歯軋りしました」

03_200619_takumi_saitoh_PA144521.jpg

*齊藤工さん公式インスタグラム(@takumisaitoh_official)にて、未掲載カットを公開中。

コムアイ KOM_I
水曜日のカンパネラ、YAKUSHIMA TREASUREのボーカルとして国内外を回り、その土地や人々と呼応したパフォーマンスを行う。モデルや俳優としても活躍。現在Netflixで配信中の蜷川実花監督のドラマ「FOLLOWERS」に出演。最新のライブ映像『YAKUSHIMA TREASURE LIVE at LIQUIDROOM 2019』がYouTubeにて無料公開中。https://youtu.be/1WebgKhK9Ko
www.wed-camp.com
takumi_saitoh_portrait180915.jpeg

TAKUMI SAITOH
長編初監督作『blank13』が国内外の映画祭で8冠獲得。18年、パリ・ルーヴル美術館のアート展にて白黒写真作品が銅賞受賞。19年も出品。18年よりHBO Asiaの国際プロジェクトにて2年連続日本代表監督を務め、多数の賞を受賞する。20年に企画・脚本・監督等の『COMPLY+-ANCE』と最新作『C〇RONAPLY+-ANCE』が公開中。テレビ朝日系ドラマ「BG〜身辺警護人〜」に出演。主演作『シン・ウルトラマン』、監督作『ゾッキ』が21年公開予定。《TOKYO TELEWORK FILM》にてリモート作品多数制作中、随時オンライン公開予定。移動映画館cinéma bird主宰。

【関連記事】
齊藤工 活動寫眞館 ・参 水曜日のカンパネラ、コムアイ。
コムアイと観る、『バンクシー展』。
蜷川実花が世界へ発信! リアルで新しい東京の女性像。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。