シャネルを紐解く24のキーワード

シャネルのキーワード14 キュートなパーティシューズ。

シャネルを紐解く24のキーワード

豪華客船「ラ パウザ」号で出航する、リュクスなホリデー。その地中海を巡る贅沢な旅を彩るのが、多幸感いっぱいの2018/19年クルーズ コレクションだ。旅先らしい快適なスタイルを纏い、颯爽を歩くモデルたちがホワイトタイツにコーディネートしたのは、カール・ラガーフェルドが“パーティシューズ”と呼ぶ、ローヒールのメリージェーンシューズ。シルバーカラーやスパンコールをあしらった靴は、シャネルのバレリーナシューズが着想源になっている。

2018/19年 クルーズ コレクションのパーティシューズとウエアを纏い、軽快にステップを踏む女性たち。© CHANEL

中でも目を引いたのが、キーカラーのホワイトを使ったシリーズ。今季のメインカラーである白は、泡立ちながら寄せる白波、そして船員のユニフォームなどを想起させる。カール・ラガーフェルドは、ともすれば子どもっぽい印象もあるメリージェーンシューズを素材選びやディテールでエレガントな大人の女性のための靴へと落とし込んだ。

181130_chanel_daikanyama_05.gif

白いカーフスキンのパーティシューズ¥98,280、シルバーのゴートスキンのパーティシューズ¥98,280、スニーカータイプのパーティシューズ¥99,360 © CHANEL

Mot-clé 14 / シャネルのキーワード 14

メリージェーンシューズ The Mary-Jane Shoes

181130_chanel_daikanyama_06.jpg

第2代ウエストミンスター公爵ヒュー・グローヴナーの大型ヨット「フライング クラウド」にて、メリージェーンシューズを着用するガブリエル・シャネル。(1926年) © CHANEL
 

船での旅、そしてシーサイドリゾートでの休暇を好んでいたガブリエル・シャネル。自由を愛する彼女は、ボディを解放したシルエットでありながらも、エレガンスが際立つスタイルを得意とし、ガブリエル自身もホリデーの旅先ではそんな装いを披露した。そして、その足元を彩っていた靴がメリージェーンシューズだ。


181130_chanel_daikanyama_07.jpg

1989年プレタポルテコレクションより。 © CHANEL


彼女のマインドを受け継ぐカール・ラガーフェルドも、プレタポルテ、オートクチュールとたびたびメリージェーンシューズを発表。素材や色、ディテールにヒールの高さなどで変化を付け、時代のムードに合ったデザインへと昇華させている。

---fadeinpager--- 

期間限定ブティックを、セレブリティたちが祝福。

12月16日(日)まで、東京・代官山T-SITE GARDEN GALLERYに、期間限定でお目見えしているシャネルのブティック。庭園内に並ぶ、約1,000個の赤と黒の竹をモチーフにした行燈にライトアップされた小道を進んでいくと、ガラス張りのファサードと2階分の高い天井を誇る、解放的なブティックに辿り着く。2018/19年クルーズ コレクションがずらりと並ぶ店内の、障子の格子を思わせる壁のデザインも印象的だ。オープンに先立って開かれたパーティには、シャネルのアンバサダーである菊地凛子や小松菜奈、中条あやみらが集まり、華を添えた。

181130_chanel_daikanyama_01.jpg

赤と黒の竹をモチーフにした行灯が、期間限定ブティックの目印。 © CHANEL

181130_chanel_daikanyama_02.jpg

ガラス張りのファサードから見える、コレクションのディスプレイ。 © CHANEL

181130_chanel_daikanyama_03.jpg

船の丸い舷窓を思わせるバッグのディスプレイなど、コレクションにちなんだマリンテイストが随所に取り入れられている。© CHANEL

181130_chanel_daikanyama_04.jpg

シャネルのアンバサダー、小松菜奈も来場。行灯を通り抜けて、ブティックへ。 © CHANEL

texte : TOMOKO KAWAKAMI, graphisme du titre : SANKAKUSHA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。