シャネルを紐解く24のキーワード

シャネルのキーワード21 春夏の色彩豊かな服とバッグ。

シャネルを紐解く24のキーワード

パリのグラン・パレにビーチを再現し、青い空の下を元気いっぱいに歩くモデルたちのハッピーな姿が印象的だった、2019年春夏のシャネルのファッションショー。このたび発表された2019年春夏のキャンペーンビジュアルでも、キーアイテムを纏った最旬のモデルたちのヘルシーなスタイルをフィーチャーした。

190327_chanel_01_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

カール・ラガーフェルド撮影による、シャネルの2019年春夏 プレタポルテ コレクションのキャンペーンビジュアル。左から、クリス・グリカイテ、ノラ・アタル、アデスワ・アイゲウィ、ヒュンジ・シン。photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_02_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

カール・ラガーフェルドが構えるカメラの前に立つモデルたちをとらえたオフショット。 photo : OLIVIER SAILLANT

今回起用された7名のモデルたちも大注目の新星、レベッカ・レイ・ロンゲンダイクや、人気のアデスワ・アイゲウィ、クリス・グリカイテなどと豪華な顔ぶれが揃った。

190327_chanel_03pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

左カットの左から、レベッカ・レイ・ロンゲンダイク、アデスワ・アイゲウィ、サラ・ダール、ヴィットリア・チェレッティ、ノラ・アタル、クリス・グリカイテ、ヒュンジ・シン。 photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_04_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

撮影時の楽しそうなムードが伝わる一枚。 photo : OLIVIER SAILLANT

---fadeinpager---

カール・ラガーフェルドが撮影した写真は、ブルーがかったグレーのシンプルな背景に、ライティングで表現した夏の日差しを彷彿させる強い陰影が際立っている。ゆったりとボディを包むツイードジャケットなどを羽織ったカットでは、リラックスしながらもエレガントな夏のスタイルを表現している。

190327_chanel_05_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

左カットの左から、アデスワ・アイゲウィ、クリス・グリカイテ、レベッカ・レイ・ロンゲンダイク。 photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_06_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

カールの前でポーズをとるモデルたち。 photo : OLIVIER SAILLANT

190327_chanel_07_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

ツイードジャケットを纏って、軽やかな夏の雰囲気を演出したカット。 photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_08_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

シンプルな背景に、シャネルらしい色や材感が際立つ。 photo : OLIVIER SAILLANT

Mot-clé 21 / シャネルのキーワード 21

シャネルの色 the color of Chanel

白、黒、ベージュといったシャネルのシグネチャーカラーを軸にしながら、夏らしいレモンイエローやピンクなどで軽快さをプラスした、今春夏のコレクション。かつて色の選び方ひとつにおいても、ガブリエル・シャネルは革命を起こしてきた。
 

190327_chanel_09_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg190327_chanel_10_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

photos : OLIVIER SAILLANT


まずは、メゾンにとっても特別な色である黒。1926年にシャネルが発表したリトル・ブラック・ドレスは、制服や喪服を連想させる黒をエレガントな色へと昇華したのだ。黒は、本質を際立たせる色、さらに女性の輝きを引き出す色である、と世に知らしめたのもガブリエル・シャネルだった。


そして、白。光を捉え顔に輝きを当てることで美しさを際立てせる色として、シャネルのクリエイションには欠かせない存在だ。さらにシャネルらしさを纏ったベージュは、ガブリエルが育った“オーヴェルニュの大地”や彼女が好んだ海辺の街、ドーヴィルやビアリッツ、ヴェネツィアのリド島の砂浜の色が着想源に。彼女にとって、ベージュはアウトドアや健康的な輝きを放つナチュラルな肌の色を想起させるカラーでもあった。
 

190327_chanel_18_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

photo : OLIVIER SAILLANT

 

刺激的なゴールドとレッド、これらもメゾンのDNAをつかさどるカラー。この黒、白、ベージュ、ゴールド、レッドの5色は、シャネルを彩るキーカラーとして現在でも多用されている。

---fadeinpager---

新イットバッグ、「サイドパック」が登場。

ふたつのバッグをボディの左右にかけて使うデザインの最新作「サイドパック」は、ショーでも目を引いた今季のキーピース。カールが撮影したバッグのキャンペーンビジュアルでも、この新しいイットバッグが主役に選ばれた。

190327_chanel_11_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

「サイドパック」のさまざまなコーディネートをとらえた、カール・ラガーフェルドによるキャンペーンビジュアル。 photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_12_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

鮮やかなレモンイエローのグラデーションが美しいカット。 photo : OLIVIER SAILLANT

キルティング加工を施したラムスキンを使ったバッグは、シャネルらしい白、黒、ベージュに加え、イエローなどポップなカラーもラインナップ。ウルトラモダンながらシックな装いにもマッチする「サイドパック」の可能性を示唆するビジュアルに仕上がっている。

190327_chanel_13_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

モノトーンのカットでモデルを務めたのはヴィットリア・チェレッティ。photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_14_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

「サイドパック」が美しさと機能性、革新性を併せ持つ点もシャネルならでは。 photo : OLIVIER SAILLANT

---fadeinpager---

ジュエリーのようなアイウエア。

カールが手がけたアイウエアのキャンペーンビジュアルには、モデルのヴィットリア・チェレッティとクリス・グリカイテを起用。コスチュームパールやチェーン、ゴールドなどシャネルのコードを散りばめた最新のアイウエアをフィーチャーした。

190327_chanel_15new_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

クリス・グリカイテを起用したビジュアル。 photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_16_pictures_by_Olivier_Saillant_LD.jpg

モノトーンのシャープなイメージ。 photo : OLIVIER SAILLANT

190327_chanel_19_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

ヴィットリア・チェレッティによるビジュアル。photo : KARL LAGERFELD

190327_chanel_17new_pictures_by_Karl_Lagerfeld_LD.jpg

コスチュームパールやチェーン、ゴールドを使用した、まるでジュエリーのようなアイウエア。 photo : KARL LAGERFELD

texte : TOMOKO KAWAKAMI, graphisme du titre : SANKAKUSHA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。