なんてスマート! 極小バッグの達人たち。

Snap of the Week

おしゃれ番長の栗山愛以が、週1でお届けするスナップ連載。今週は「ミニバッグ」のスタイリングをピックアップ。


文/栗山愛以

スマホさえあればだいたいことが済むようになったからか、バッグのミニサイズ化が止まらない。自分はPCや紙の資料、現金、使い慣れたスケジュール帳を持ち歩き、いっこうに荷物が減る気配はないのだが。今回はミニバッグだけで過ごすスマートな人々をチェックしてみる。

極小バッグで英国トラッドをアップデート。

210419-London-str-RF21-0236.jpg

ロンドンでスナップされた彼女はグレンチェックのツイードのジャケットを羽織り、べっこうのフレームのメガネをかけていてブリティッシュトラッドを体現している。バッグも祖国の誇り、バーバリーをセレクト。伝統を踏襲しつつも古くさくなっていないのはサイズをミニにしたから。革靴ではなく、エシカルなブランド、VEJAのスニーカーにしたのもいまっぽい選択。

---fadeinpager---

エレガントなミニバッグがパリシックを格上げ。

210419-Milano-str-B-RF21-6141.jpg

ミラノでキャッチされたようなのだが、まるでパリジェンヌのような雰囲気を醸し出している。ジャストサイズの白Tをハイウエストのデニムにインし、赤いパンプスを選んだところが要因。そして何よりもシャネルのミニバッグが光っている。首からさげるのはなかなか高度だが、ブランドの力でエレガントに着地している。

---fadeinpager---

王道ミラネーゼスタイルをミニバッグではずす。

210419-Milano-str-A-RF21-0562.jpg

インパクトのあるパイソン柄のコートとサングラスでゴージャスなミラネーゼになってしまいそうだが、これまたミラノ感満載のボッテガ・ヴェネタのイントレチャートでもミニバッグを選んだことがそれを食い止めている。小さめのサイズ感がはずしの役割を果たしてくれるのだ。ワイドデニムとグリーンのパンプスのバランスも○。

texte : ITOI KURIYAMA, photos : IMAXTREE

栗山愛以

ファッションをこよなく愛するモードなライター/エディター。辛口の愛あるコメントとイラストにファンが多数。多くの雑誌やWEBで活躍中。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。