スタイリストのスタイル塾/2019年春夏ファッション

スタイリスト田畑アリサ、レイヤリングの着こなしルール。

スタイリストのスタイル塾

スタイリストにスタイリングのルールを指南いただく「スタイリストのスタイル塾」企画。2019年春夏シーズンは、雑誌「フィガロジャポン」をはじめモード誌やカタログ、広告などで活躍する田畑アリサさんが登場。初回にはトレンドアイテム二回目は田畑さんの定番アイテム、ワークウエアムを使ったスタイリングを紹介しています。最終回は、今シーズン注目のカラーや柄のレイヤリングについて。

レイヤリングは、大胆に色を拾って繋げる。

190415-cut06_010.jpg

ルール1「好きな色を見つけたらトーンを変えて重ねてみる」

「イメージしたのはピンク好きな人。ジャケットにもブラウスにも、パンツやシューズにも異なるトーンのピンクが入れば、レイヤリングは簡単です。全アイテムにピンクを取り入れることで、ひと味違う、主張するトーンオントーンに」。肩掛けしたダブルのジャケットや、軽くかぶったハットに遊び心を感じる初夏らしいスタイル。
ジャケット209,520/ステラ マッカートニー(ステラ マッカートニー カスタマーサービス) ドットシャツ71,280/ジェイ ダブリュー アンダーソン(エドストローム オフィス) 中に着たシャツ105.840(予定価格)/ベン タヴァニティ アンラベル  プロジェクト(イーストランド) パンツ129,600/オフ・ホワイト c/o ヴァージル アブローTM(イーストランド) ハット9,720/インディゴ アフリカ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ  湘南店) シューズ99,360/MSGM(アオイ)

---fadeinpager---

190415-cut07_049.jpg

ルール2「柄のレイヤリングは色を繋げて考える」

「大胆な柄のアイテムも、使われている色が一色でもリンクしていれば、意外とまとまりのあるスタイリングに落ち着きます」。重ね着したとろみのある開襟のブラウスと大柄のデニムパンツに、ランジェリー風のキャミソールを纏ってシックな仕上がりに。
重ねたレースのランジェリー19,440/ランジェリーク(エム) 花柄シャツ46,440/マーカウェア(パーキング) 中に着た開襟シャツ15,984/ハフ(ハフ ジャパン) パンツ73,440/MSGM(アオイ) パンプス93,960(予定価格)/オフ・ホワイト c/o ヴァージル アブローTM(イーストランド)

---fadeinpager---

スタイリングに取り入れたい、おすすめアイテム

190415-cut08_004.jpg

ミニ丈のワンピースにもなるシャツドレス。「ハイテクスニーカーなどに合わせて一枚で着るのも可愛いけれど、花柄のどれか一色とリンクするような、薄手のコートを合わせるのもおすすめです」。シャツドレス¥90,720/MSGM(アオイ)

190415-cut08_007.jpg

両サイドにジップが入ったミニ丈ワンピース。「たとえばオレンジなど同じ暖色系の太めのパンツを合わせれば、マニッシュなスタイルも楽しめそうです」。ドレス¥187,380/クレージュ(エドストローム オフィス)

---fadeinpager---

インスピレーション源

190415-cut01_010.jpg

「アート作品の中でも、線の細いものや色使いが大胆で独特な作品、たとえばマルク・シャガールやアウトサイダーアートの代表的作家としても有名な、ヘンリー・ダーガーが好きです。スタイリングでもレイヤリングしていくことが好きなのですが、細かい線や色の重なりに興味があるんです」
写真はヘンリー・ダーガーの作品たち。左から、作品が掲載された雑誌「special spring +summer 2006 volume01」、ポストカード/ともにスタイリスト私物

●ショップリスト
アオイ(MSGM) tel:03-3239-0341
イーストランド(ベン タヴァニティ アンラベル  プロジェクト、オフ・ホワイト c/o ヴァージル アブローTM) tel:03-6712-6777
エドストローム オフィス(クレージュ、ジェイ ダブリュー アンダーソン) tel:03-6427-5901
エム tel:03-3498-6633
ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) tel:03-4579-6139
パーキング(マーカウェア) tel:03-6412-8217
ハフ ジャパン(ハフ) tel:0548-24-1250
ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ  湘南店(インディゴ アフリカ) tel:0466-38-2465
sty_tabata_arisa_500.jpg
プロフィール
スタイリストの山本マナに師事。2017年に独立後、「フィガロジャポン」をはじめさまざまなモード誌、カタログや広告などで活躍。独創的なレイヤリングや、アヴァンギャルドな雰囲気が漂う中に、フェミニズムを感じさせるスタイリングが人気。インスタグラム:@tabata_arisa  http://tabataarisa.com

【関連記事】スタイリスト田畑アリサ、ワークウエアの着こなしルール。

【関連記事】スタイリスト田畑アリサ、透ける服の着こなしルール。

photos : OSAMU YOKONAMI, stylisme : ARISA TABATA, coiffure et maquillage : MOMIJI SAITO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。