2019/20年秋冬ファッション
さり気なさを纏う、アウタースタイルの作り方。

秋のはじめに纏いたい、新顔ケープ。

スタイリストのスタイル塾

この秋はクラシカルなムードがカムバック。仕立てのいいジャケットや、ケープが登場し、存在感のあるアイテムが豊富に揃った。シーズン連載でお届けしているスタイリストのスタイル塾、今回は本誌「フィガロジャポン」をはじめ幅広く活躍中のスタイリスト宇都宮千明さんに、3回に分けて大人のアウタースタイルを指南いただきます。まずはケープから。

190911-style-01.jpg

ルール1.コントラストは素材の違いで演出。

「どのコーディネートにも通じるのですが、基本的にはシンプルなアイテム、組み合わせが好き。“さり気なさ”や“調和”を大事にしています。このルックは、ウールとレース、同じブラックのケープを重ねることでコントラストをつけました。クラシカルになりすぎないよう、ほかの要素はできるだけ引き算してモダンな印象に」

ケープ¥567,000/ジル サンダー (ジルサンダージャパン) 中に着たレースのケープ¥224,640/プラダ(プラダ クライアントサービス) ピアス¥84,240/バーバリー(バーバリー・ジャパン) オーガンザレースアップサンダル(参考商品)/ジェイ ダブリュー アンダーソン(エドストローム オフィス)

---fadeinpager---

190911-style-02.jpg

ルール2.色のトーンで奥行きを出す。

「白いニットと白いレース。少しずつ異なる同じ色を重ねると、コーディネートの奥行きが広がります。アイテムはどれもシンプルでありながらさり気なく凝ったデザイン。たとえばブーツはフロントがVにカッティングされていて、スタイリングにアクセントをもたらしてくれます」

ニットのケープ¥524,880、レースのブラウス¥294,840/ともにロエベ (ロエベ ジャパン カスタマーサービス) ヴィンテージのフリンジショーツ¥25,920/ジャンティーク ブーツ¥113,400/ガブリエラ コール ガーメンツ (アデライデ)

---fadeinpager---

宇都宮さんのおすすめケープコレクション。

190911-style-03.jpg

厚手のカシミアコートは美しいフォルムで圧倒的な存在感を放つ。ゴールドのチェーンがキャメルの上で上品さを添える。ケープ¥1,015,200/セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン) 

---fadeinpager---

190911-style-04.jpg

肩章や金ボタンがあしらわれ、ミリタリーシックな雰囲気が魅力的。ケープ¥495,720(予定価格)/ミュウミュウ(ミュウミュウ クライアントサービス) 

---fadeinpager---

190911-style-05.jpg

一見するとピーコートのようでも、もちろん袖はなし。定番のコートが今年らしくアップデート。ケープ¥371,520/マーク ジェイコブス(マーク ジェイコブス カスタマーセンター) 

---fadeinpager---

インスピレーション源。

仏のファッション誌「Purple」創刊メンバーのひとり、エレン・フライスが編集した写真集。

写真集
「一枚一枚の写真はもちろん、それら全体が醸し出す写真集の佇まいとバランスのとりこで、この本の雰囲気そのものがすべてのスタイリングのインスピレーション源になっています」
『エレン―フレンチ・フォトグラフィ?』エレン・フライス編 ロッキング・オン刊 ¥3,292

●問い合わせ先:
アデライデ(ガブリエラ コール ガーメンツ) tel:03-5474-0157
エドストローム オフィス(ジェイ ダブリュー アンダーソン) tel:03-6427-5901
ジルサンダージャパン(ジル・サンダー) 0120-919-256(フリーダイヤル)
ジャンティーク  0120-013-700
セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) tel:03-5414-1401
バーバリー・ジャパン(バーバリー) tel:0066-33-812819
プラダ クライアントサービス(プラダ) 0120-45-1913(フリーダイヤル)
マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) tel:03-4335-1711
ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 0120-45-1993(フリーダイヤル)
ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) tel:03-6215-6116

CHIAKI UTSUNOMIYA
スタイリスト飯田珠緒氏に師事。2016年に独立し、さまざまなモード誌で活躍中。シンプルかつモダンなスタイリングで、知的な魅力を引き出す。最近はイタリアのMeo Fusciuni(メオ・フシューニ)の香水がお気に入り。「嗅覚記憶から生まれる香りだそうで、なんだか詩的な香水です」Instagram:@utsunomiyachiaki サイト:http://chiakiutsunomiya.com

※この記事に掲載している商品・サービスの価格は、2019年9月時点の8%の消費税を含んだ価格です。

photos:KENTA SAWADA, stylisme:CHIAKI UTSUNOMIYA, coiffure:HORI(BE NATURAL), maquillage: KIE KIYOHARA(BEAUTY DIRECTION)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。