caoの心の育て方。

2021年はどんな年? caoのゆる占い。

caoの心の育て方。

さまざまなものとのコミュニケーションが得意なcaoさんによる連載。毎回いろいろなテーマでお届け中。今月は2021年の過ごし方をちょっとだけアドバイス。今週は今年のイメージについて聞きました。


明けましておめでとうございます。

みなさんは年賀状やメール、何らかの形で新年のご挨拶はなさりましたか。

わたしは、文字ではほぼしないです。

文字の楽しみはあるとは思うのですが、わたしは声を目の前の空に預ける遊びを、新年のご挨拶で楽しむことにしています。

笹舟を河にそっと浮かべる感じで♪

お返事はすぐ届く時もあれば、忘れた頃に届くこともあるんですよね。サプライズプレゼントのように!それがもううれしくて、おもしろくて。

年イチのマイイベントとして、こっそりしています。

よろしかったら、みなさんも実験してみてください!


( ̄~ ̄;)うっ

ここで言ってしまったから、こっそりではなくなってしまった。来年はまた別の方法での楽しみを考えなくちゃ!!


おっと……
今年も早々にやらかしたどうでもいい雑談――

改めまして
本年も「caoの心の育て方。」のチラ見を、どうぞよろしくお願いします。

ほほっ

 

さて、2021年最初は、2021年の過ごし方? 空気感? をザックリと、かなりザックリと文字にしてみようかと思います。

よろしくお願いしまーす。


早速、2021年の空気感です。

たとえるならば
清みきった空に、地表の熱がグッと下がり、空気がピリッとした陽の出間近の感じ。

こんな感じが、2021年の前半です。

ヌクヌクお布団の中が気持ちいい時で、ウトウトと夢見がち。


2021年の後半は、陽の出で暖まったお部屋からお外へぼちぼちと移動しましょっ、お出かけしましょってな感じ。

起きるのは二度寝?三度寝?のあと、みんなまちまち。

ふふっ
微睡む感じがたまらん時かも。

 


ご自身の鼓動をしっかり確認して、2021年は大地に足を付けましょう!

今日を、明日を、未来に意識を向けて一歩ずつね。

ザックリと終わります。

みなさん、言葉が足りないところは付け加えて解釈してみてね。


ありがとうございました。

cao

2101-cao-image.jpg

【関連記事】
年末年始の過ごし方、初詣はいつ行くのが正解?
鏡リュウジが占う2021年の年運。

illustration : MARIKO ENOMOTO, photo : cao

cao

いつからか動物や植物など、言葉を使わないコミュニケーションが得意(なのか?)。そんな風になんとなく毎日を楽しんでいるちっぽけな光の欠片。
Instagram:@cao.yuru

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。