今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2020年9月7日~
2020年10月7日の運勢

  • 今月巡り来る星は、人との関係性がテーマ。それもはじめて出会う人、未知の人々との対話が鍵になりそうです。とはいえ、

    MORE

  • ステイホームの状況は、まだまだ続きそうです。経済活動のためには出かける必要があったとしても、プライベートの行動範

    MORE

  • 学ぶことへの情熱があれば、今月はいい月になるでしょう。こんなことを勉強してみたい、習いたいといった向上心や興味は

    MORE

  • 「Go To トラベル」キャンペーンが一部地域を除いて施行されています。今月あなたに巡る星はこのような状況下でも

    MORE

  • 仕事において、責任のあることを任されるとか、これまでしていることの成果や日頃の働きを評価されるといった、張り合い

    MORE

  • 超多忙の星が、「動きましょう、働きましょう」と励ましてくれる月です。急かされることは好きでなくても、仕事でもプラ

    MORE

  • パワフルな星が巡ってきました。あふれるエネルギーを発揮しないともったいない月なので、現状でできることは何なのかあ

    MORE

  • 愛の星が巡る今月は、エネルギーも豊かに満ちています。まずは自分自身をもっと思いやり、やさしく接するようにしましょ

    MORE

  • ひとりで過ごす心静かな時間を持つようにしましょう。すでに十分ひとりの時間を持ってきたとしても、それをどう受けとめ

    MORE

  • リラックスした自然体でいることを応援してくれる星がやって来ました。あなたの無邪気さにスポットライトが当たるよう導

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。