今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2021年2月3日〜2021年3月4日の運勢

  • パワフルだけれど、それを発揮するにふさわしい忙しさがやってくる月といえます。もし、さほど多忙を感じさせない状況だ

    MORE

  • 何らかの大きな変化があるという暗示を持つ星が巡ります。今月は花の特性に加えて宝石の繊細さという性質も帯びるタイミ

    MORE

  • 「与える喜び」のエネルギーに満ちた星が巡る2月。まだ寒さもコロナも収まらない時季ではありますが、星は愛情や思いや

    MORE

  • まさに「ステイホーム」の星が巡り来て、家で過ごす時間を、心地よく、より有意義にするべく力を注ぎましょうと囁いてい

    MORE

  • 世の中はまだまだ平穏安全とは遠い状況ですが、今月あなたに巡り来るのは、リラックスして自然体で生きることを後押しす

    MORE

  • 今月は「ステイホーム」を上手く実行することがとても大事になります。なぜなら今月は、淋しがりで繊細な、ちょっと気を

    MORE

  • 今月から算命学の暦では新年に入ります。その意味でもスタートの星が巡る今月は、心新たにやる気が湧いてくるので、20

    MORE

  • まだ外出もままならない2月ではありますが、今月あなたに巡り来る星の流れは、社交的に過ごすことをサポートする方向に

    MORE

  • 変革の星が大胆な勇気ある生き方をしようと伝えています。本来は移動や旅行といった大きな動きを表すエネルギーなのです

    MORE

  • 今月は「学び」をテーマとする星がやってきます。コロナ感染の拡大がまだ鎮まる気配がないため外出自粛要請が続くいま、

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。