今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2021年1月5日〜2021年2月3日の運勢

  • 新年の始まりにやってくる星が、目の前にあるもの、いまいる場所にちゃんと定着して、やるべきことをしっかりと見据えて

    MORE

  • 新年早々、あなたの心に浮かんでくるのはどんなことでしょう? 愛、お金、家族、仕事、人間関係、何が現在のテーマにふ

    MORE

  • 心静かに過ごすひとり時間をたっぷりとって、好きなことをしましょう。ただしグループ行動など、人と一緒にすることは、

    MORE

  • どんなときも、心と身体をリラックスさせるのがテーマの1月です。自然体でリラックスし、ゆったりと深い呼吸をして、何

    MORE

  • 年の始まりにあなたに訪れる星は、新しい人間関係が拡大することを暗示しています。今月は何にも増して、人付き合いを優

    MORE

  • 新しい年の最初の月に、スタートラインを意味する星が巡り来ます。あなたのやってみたいこと、始めてみたいことは何です

    MORE

  • 冬休みは、ぜひ実家で過ごすことをおすすめします。今月巡り来る星は、あなたに生まれ育った家族との結びつきや関わりを

    MORE

  • 変革の星が年の最初に巡り来て、どのようなチャレンジを試みたいのか問いかけてくれます。始めよければ終わりよし――の

    MORE

  • 異性運がある今月は、仕事面でも人に求められる流れの中にいます。その両方が繋がって、仕事では男性の上司や先輩との縁

    MORE

  • パワフルな若々しさにあふれ、忙しい月といえましょう。とはいえ、張り切って用事をテキパキと済ませると、喜びを感じる

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。