ドーヴィル 8月のマルシェ「海辺の夏ごはん」

パリのマルシェとレシピ。

今年のヴァカンスはドーヴィルへ。
パリから近いので何度も訪れているのですが、いつも地元産の魚介や野菜を料理するのが楽しみです。

DSC_0677-180825.jpg

今回2度目の滞在になるドーヴィルのマリーナは車が通らないので静か。朝の目覚めはカモメの鳴く声……やっぱり水辺はいいなあ。

IMGP7220-180825.JPG

街の中心にあるマルシェ広場。このノルマンディーらしい屋根付き市場で、その日食べるものを買い出し、広場のカフェでひと休みするのが毎朝のコースです。マルシェや街の風景はインスタで。

IMGP7167-180825.jpg金曜は常設の魚屋以外に漁師さんたちのスタンドが数軒並ぶので、これを目当てにやって来る人の行列が出来ています。鮮度抜群で値段は魚屋の半値以下ですもの!

IMGP7163-180825.jpg

ここで必ず買うのは、活きたグレーの小エビ。常設の魚屋では高級品ですが、漁師さんが早朝獲ってきたものは格安。缶の大きさで計り売りしながら、あっという間に完売です!
素揚げにして海の塩をひと振りするのがいちばんおいしい。

DSC_0779-180825.jpg

いのいちばんに魚を買ったら次は野菜だ!広場の角にある地元農家のスタンドへ直行。やっと食べたい露地ものトマトが出てきた~!ささやかですが、これで夏を満喫した気分に。

IMGP7193-180825.jpg

それから、もう一軒の農家へ。いつも思うのは、野良で逞しく働く女達の美しさよ!広場のカフェテラスに居並ぶ、着飾ってエステ三昧のおばさま達よりも遥かに魅力的ですよ。

IMGP7233-180825.jpg

週末は更に農園のスタンドが増えて大賑わいです。朝露に濡れたハーブの鮮烈な香り。

IMGP7213-180825.jpg

いちごは今がいちばん甘いとき。いつも隣街カブールのいちご農家のものを買います。

DSC_0763-180825.jpg

土曜の朝は、マリーナそばの渡し船に乗って対岸のトゥルーヴィルへ魚を探しに。

DSC_0754-180825.jpg

魚市場の近くに漁師さん達のマルシェが。後ろの岸壁に着けた船から陸揚げされた魚が素晴らしい!!

DSC_0749-180825.jpg

なんと鯵が2キロで3euros!!! こういうお得な誘惑にはめっぽう弱いので、つい。
早速、鯵寿司にして浜辺でランチを。塩焼きにした残りは干物にと、突然始まった鯵祭り。

同じ場所で、水・日曜に開かれるトゥルーヴィルのマルシェの模様はこちら

という訳で、今日ご紹介するのは鯵の干物を使った大好物です。

IMGP7254-180825.jpg

頭を取って腹開きにした鯵を塩水(水500ccに塩40g)に1時間ほど漬けてから、冷蔵庫にラップ無しで半日~1日置いて乾かします。余計な水分が抜けて、ぐっと旨みが凝縮してきます。


■『ライム&パクチーたっぷりの鯵ごはん』
Riz au Chinchard, citron vert &coriandre

IMGP7314-180825.jpg

―材料(2人分)

ごはん 1.5合分
鯵の干物 2枚
ライム  2個(又はレモン1個)
パクチー 適量
ナンプラー 小さじ1~好みで
粗挽き胡椒  少々

―作り方
1.焼いた鯵をほぐして、搾ったライム(1個分)とナンプラーを振りかける。それを炊き立てのごはん、刻んだパクチーと一緒に混ぜる。
2.皿に盛り、薄切りのライム(1個分)とパクチーをのせ、粗挽き胡椒をかけていただく。

*粗挽き胡椒は、病みつきになっているマダガスカルの野生の胡椒を使っています。(和洋中なんにでも合う香りのよいもの)

パクチーの替わりにシソ、ライムの替わりにスダチやシークワーサーでもよいですね。
簡単で美味しいので、塩鯖でもたびたび作ります。
夏の休日ランチに是非どうぞ!

■Marché Deauville マルシェ・ドーヴィル
Place du marché 14800 Deauville
営)火・金・土 8~13時(7・8月は毎日営業。漁師のスタンドは金曜日。土・日曜は隣のMarché Trouvilleマルシェ・ トゥルーヴィルで)

 

<お知らせ>
SAVE THE DATE デモンストレーション開催 @Paris
Staubのココット鍋やZwillingの包丁を使いながら、
料理&試食をお楽しみください。
みなさまのご来場をお待ちしております!
■開催日:2018年9月8日土曜日
■時間:12~18時
■場所:Concept shop Zwilling-Staub
    12,BD de la Madeleine 75009 Paris
www.zwilling-staub-france.com/concept-shop-zwilling-paris
SACHIYO HARADA
料理クリエイター

長い間モードの仕事に携わった後、2003年に渡仏。料理学校でフランス料理のCAP(職業 適性国家資格)を取得。 パリで日本料理教室やデモンストレーション、東京でフランス料理 教室を開催。フランスの料理専門誌や料理本で、レシピ&スタイリングを担当。2016年春、ベジタリアン向けの料理本『LA CUISINE VEGETARIENNE』をフランス全土と海外県、ベルギー、スイス、イギリスなどのヨーロッパ各地で発売。この連載をまとめた『パリのマルシェを歩く』(CCCメディアハウス刊)が発売中。
Instagram : @haradasachiyo

【関連記事】
ブルターニュ 8月のマルシェ『夏野菜でパワーアップ』

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。