Parisienne file stayhome special/ヴィクトワール・フォレスト

パリジェンヌのロマンティックなリモートワークスタイル。

パリジェンヌファイル

今月のパリジェンヌファイルでは、4月に続き、これまでに登場してくれたパリジェンヌたちが登場。2回目のロックダウンのなか、彼女たちがどんなスタイルで過ごしていたか聞きました。2人目は、vol.46で登場したVictoire Forest(ヴィクトワール・フォレスト)。

201216-parisiennefile-002.jpgいままで着たことがなかったフーシャピンクに今季はトライ。シャーリング使いの襟元やフリル飾りのデザインがフェミニンなブラウスはザディグ&ヴォルテール。ブラックデニムとスタッドベルトで甘さを引き締めるのがポイント。

憧れの仕事も、リモートワークでスタート!

春に続いて2回目のロックダウンに入った10月30日から、リモートで仕事をしているヴィクトワール。6月に学校を卒業後、秋から老舗百貨店のル・ボン・マルシェのプレスとしてインターンシップをスタート。いまは自宅でのテレワークがメインです。
家時間が多いけれど、憧れの職場での念願の広報の仕事だから、コンフォートでありながらも毎日のおしゃれは手を抜かないのが彼女のスタイル。今シーズンはフリルやリボンなどロマンティックなディテールのブラウスが気になっているそう。そしてビビッドなピンクや赤など発色の良い色で華やかな印象を添えます。
隔週で数日出社する時には、大胆なプリントドレスにエコファーのコートを合わせて、お得意のボヘミアンスタイルで。「休日の楽しみはお菓子作り。気分が向いたら朝からひとりで大好きなデザートを作るのがなによりの気分転換なんです」

---fadeinpager---

201216-parisiennefile-003.jpg

アシンメトリーなヘムラインで動くときにニュアンスが出るのがお気に入りのドレスは、パリ発のブランド、ベレール。ペーズリー柄×グリーンのコートでレトロな雰囲気に、ドクター・マーチンを合わせてメンズライクに仕上げるのがコツ。

---fadeinpager---

201216-parisiennefile-001.jpg

昔からお菓子作りが趣味というヴィクトワール。コロンとした丸い形が可愛いお菓子はシューガトー。白のバニラ、黄色のシトロン、そしてブラウンのショコラと3つの味でアレンジ。ひと口サイズだからパクッとつまめてテレワーク中のリラックスタイムにぴったり!

【カミーユ・シャトレの過去記事はこちらから】
デニムよりもシックに、パリジェンヌのブラックパンツ。
気分はミニ丈、パリジェンヌの夏スタイル。
パリジェンヌの、ヘアとメガネの関係。

Hiroko Suzuki
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

réalisation : HIROKO SUZUKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。