caoの心の育て方。

心地いい関係を保つ、パーソナルスペース。

caoの心の育て方。

さまざまなものとのコミュニケーションが得意なcaoさんによる連載。毎回いろいろなテーマでお届け中。今月は2週に渡って1年を締めくくるクロージング的なお話を、今週は「人との距離感」について。月の後半には、新しい年の迎え方をご紹介します。

1回目:
思い立ったが片付け日和、思い出を昇華するモノの捨て方。


こんにちは、caoです。

冬至を迎える前は、ググッと夜が長くなり
グッと寒さを感じますね。

冬至に入る前のこの感じを、心地よく感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

陰の極まるエネルギーをチャージしたものが
一転して陽のエネルギーを迎えます。

冬至に向けて
一年の疲れを癒やすため、自ら背負っているものを一旦降ろしましょう!

ゆっくり湯に浸かり、温まった身体をキュンと冷ましながら夜空を見上げ、一呼吸してみると
意外にも簡単に肩の力が抜けて、一年のあれやこれやが整理ついちゃうかも?しれませんよ。

この時期のお空をフル活用しちゃいましょう!!

 

さて、今週は“丁度いい感じの距離感”、パーソナルスペースについて綴らせていただきますね。

適度によろしくお願いします。

人間も動物だから、居場所などを守るためのテリトリーと、心が豊かで喜怒哀楽を表現できる、感じるからこそ必要なパーソナルスペースっていうのかな……、距離感を持っていますよね。

ご自分のパーソナルスペースに、グィッといきなり入ってこられちゃうとビックリしますよね。
また、パートナーの、お子さんの、お友だちの、上司の、同僚の……パーソナルスペースに入ってしまった時の反応って、怖かったりしますね。

わたしはハッキリしすぎて、ビックリされます。

---fadeinpager---
このパーソナルスペースで心が揺らぐことが多いっぽい。

であるならば、まずはご自分のパーソナルスペースを知ろう!

知ると、おっ入ってきそうじゃない? と思った時に、しれっと交わすこともできちゃいます。

これができちゃうと、目の前にいらっしゃる方のパーソナルスペースって? と考えることもなく、入らなくなるんですよ。

不思議~♪


まっ、わたしの場合、自分はハッキリしている割には、ズケズケと入り込んじゃうかもしれません。

へへっ
本当にご迷惑をおかけしています。
ごめんなさい。


パーソナルスペースは、年上だから、上司だから、といって入り込んでいいものではないですよね。

それから、近しい仲にもだし、さらには性別や年齢も問わずにということも大切にすると、そこには笑みのある空間をみんなでつくりあえます。

結構大切なコト!ですよ。


ちょっと気まずいと感じる方や、最近ちょっと何かと感じる方がいらしたら、パーソナルスペースを見直してみるといいかもしれません。


今週もありがとうございました。
 

 

2012-cao-main.jpg

【関連記事】
思い立ったが片付け日和、思い出を昇華するモノの捨て方。
今日もこれからも、心地いい暮らし。
居心地の良い入り口のつくり方。

illustration : MARIKO ENOMOTO

cao

いつからか動物や植物など、言葉を使わないコミュニケーションが得意(なのか?)。そんな風になんとなく毎日を楽しんでいるちっぽけな光の欠片。
Instagram:@cao.yuru

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。