ブラックドレス、個性的な3人をピックアップ。

おしゃれ番長の栗山愛以がお届けするスナップ連載。今回は「ブラックドレス」のコーデに注目。


文/栗山愛以

今年の秋冬のキーカラーは黒!と何度も叫んでいる気がするが、ストリートにも黒の装いが目立つ。今回はブラックドレスを纏うスターたちをご紹介。

フォルムでインパクトを出す。

220824-snap-01.jpg

ゴス風味でおなじみのインフルエンサー、コートニー・トロップには親和性の高い色。全身真っ黒だと地味になりそう、といった危惧をロエベのとんがりドレスで吹っ飛ばしている。黒に派手な印象をもたらすには、ダイナミックなフォルムをセレクトするのも一案。

---fadeinpager---

肌見せを駆使し、アンバランスな印象に。

220824-snap-02.jpg

米副大統領、カマラ・ハリスの継娘でモデルとしても活躍するエラ・エムホフは肌見せが効いていて、お腹のタトゥーもアクセサリー代わりに。ドレスのセンシュアルなイメージに寄せず、ギークなキャラを貫いているアンバランス感も目を引く。

---fadeinpager---

先鋭的マタニティルック。

220824-snap-03.jpg

最後は、ディーバ、リアーナ。ディオール2022-23年秋冬コレクションのショーで、シースルーのベビードールドレスからブラトップとショーツを透けさせたスタイルが話題になっていた。一般的なマタニティルックのイメージとはだいぶ異なるセンシュアルな方向。膨らんだお腹を堂々と披露し、それを装いのパワーとしているのがかっこいい。

text: Itoi Kuriyama, photography: Imaxtree

ファッションをこよなく愛するモードなライター/エディター。辛口の愛あるコメントとイラストにファンが多数。多くの雑誌やWEBで活躍中。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories