アウターに色を取り入れるなら?

おしゃれ番長の栗山愛以が、週1でお届けするスナップ連載。今週は「アウター」スタイルに注目。


文/栗山愛以

アウターには、何にでも合うベーシックな色を選びがち。でも、時には遊んでみてもいいのでは? 2022年春夏のオフランウェイではピンクが目立っていた。

色の配分が○。

220111-snap-01.jpg

主役はコート、と決めたのか、インナーやスカート、靴・バッグをモノトーンで抑えている。その代わり、アクセサリーやネイル、携帯ケースは超カラフル。色使いのバランスがいい。

---fadeinpager---

薄ピンクなら取り入れやすい。
220111-snap-02.jpg

いつもかっこいいエディターのジュリア・サー・ジャモアさんはペールピンクをセレクト。ピンクでも、薄めの色味にすると取り入れやすいのかもしれない。下に着る服はダークカラーで締め、小物に別の色を持ってくる、というのが成功の秘訣か。

---fadeinpager---

ミックスマッチのまとめ役に。

220111-snap-03.jpg

ふたりとは打って変わって、「肌見せ」テーマで取り上げたJamie-Maree Shiptonさん  はとことん色柄を使っている。多様な要素をぶつけ合ったスタイリングのまとめ役にピンクのロングコートを持ってきたような感じ。かなり高度な技。

text: Itoi Kuriyama, photography: Imaxtree

ファッションをこよなく愛するモードなライター/エディター。辛口の愛あるコメントとイラストにファンが多数。多くの雑誌やWEBで活躍中。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories