2017年 しし座の運勢(下半期) - 石井ゆかりの星占い

情緒ある文体でつづられる12星座占いが大人気の石井ゆかりさんによる星占い。
「フィガロジャポン」本誌で好評を博した今年1年の運勢と毎月の占いのバックナンバーを掲載。
今月分は発売中の「フィガロジャポン」をチェック!

2017年の下半期の星占い

$category_name
しし座   07.23 - 08.22

「勉強」の自覚なく得た、新しい価値観という資材。

自己表現力に優れた獅子座の人々ですが、2015年頃から、または過去1年ほどは特に、「表現するならば、その前にしっかり学ばなければ」という思いが強まり、あらゆる場での自分のパフォーマンスに、知的でストイックな眼差しを向けていたのではないかと思います。さらにいえば、恋愛や子育て、クリエイティブな活動などに関しても「勉強」が必要になることは多々あります。恋をすれば、相手の仕事や専門分野、趣味などを学ぶことがおおいに武器になりますし、子どもを持った人たちは誰に言われなくとも、子どものためにたくさんの情報を集め、「学んでいる」という意識もなく必死で学びます。趣味や創造的活動に関しては、その全体が「学びの場」と言っても過言ではありません。2016年秋から今にいたるまで、「好きなこと」や「愛」のために、獅子座の人々は、懸命に学び続けて多くを得てきたはずです。さらに、この時期は愛にまつわる「移動」もひとつの大きなテーマだったかもしれません。好きなことをやるために、あるいは恋愛や結婚、出産を契機に、「住む場所を変える」ことは、よくあります。あるいは、引っ越しほど大がかりではなくとも、通う場所が新たに増えたり、行動範囲が拡がり、コミュニケーションの相手が新しくなった、といったことが生活の随所で起こっていたのではないでしょうか。これらの展開は言わば、愛するものや好きなことが「ガイド役」のようになって、貴方を新しい世界と導いてくれていた、とも言えそうです。2016年秋から2017年秋までに得た一連の知識や新しい価値観は、ここから先、貴方が自分自身の「住処」を築く時の資材となっていきます。

2017年10月から2018年にかけて、獅子座の人々は「居場所」を創造します。この「居場所」は、自分だけでなく大切な人たちを住まわせるための小宇宙でもあります。そこでは、単に建物や部屋といったことが問題になるのではなくむしろ、一緒に住んでいる人同士でどんなふうに「小さな社会」を運営していくか、という「ナカミ」が問題となっていくでしょう。なかには、2017年秋までに新たに構えた新居で、2018年秋に向かって真の家庭を作るといった展開になる人も少なくないと思います。これは「家族」という範囲にとどまらず、「身内」「地元」と呼べるようなすべての範囲にまたがるテーマとなるはずです。この下半期、特に愛に追い風が吹くのは7月下旬から9月中旬です。また、8月には愛のミラクルが起こる気配がありますし、12月、2015年から感じていた愛への怖れ、孤独感や緊張が、静かに消えていくでしょう。

前・中・後期生まれのターニングポイント

7.23-8.4 生まれの貴方

7/23 新しいことが始まりそうです。モヤモヤしていたものが吹っ切れたり、生活を「仕切り直す」こともできる節目です。また、ここから8月いっぱいまで、特別な変化が段階的に続いていきます。望みは大きく、いろいろなことに挑戦したい時期のスタートです。
10/10 ここから2018年にかけて、「居場所」を作っていく時間に入ります。新しい居場所や住処を得たり、すでに得た新たな居場所で生活のサイクルを少しずつ織り上げたり、といった作業がここから始まります。また、家族が増える時期でもあります。

8.5-8.14 生まれの貴方

8/8 誰かとの関係性が、非常にドラマティックな変化を見せるようです。諦めかけていた繋がりが再生したり、お互いがお互いを見る目が変わったりするかもしれません。特に、パートナーシップが新しい段階に進む気配が濃厚です。大事な約束を交わす人も。
11/7 これ以降身近な人たちや家族に対して、濃厚なコミュニケーションを重ねていくことになりそうです。普段はガマンしたりごまかしたりしていることも、ここでははっきり言葉に出して語り合う必要が出てくるかもしれません。「場」を作るための対話が生まれます。

8.15-8.22 生まれの貴方

8/22 1年を通しても、この日の前後はもっとも特別な「クライマックス」と言える時期となっています。生活や人生のあらゆる面で、そう滅多に起こらないような変化が生じるかもしれません。物事の考え方や価値観ががらりと変わるような体験をする人も。
12/18 貴方が過去数カ月から数年にわたって粘り強く育ててきた小さな愛の苗が、ここで特別なきらめきを帯びて一気に背を伸ばすでしょう。さらに、この時期を節目として、愛に関する慎重さや自制心、誠実さからの懐疑などがすうっと消えていきそうです。

 

12星座別占い

Horoscope : Ishii yukari / Illustlation : Chihiro Yoshii

石井ゆかりプロフィール

独学で星占いを習得し、2000年よりWEBサイト「筋トレ」をスタート。毎週の12星座占いなど、幅広い層から共感を得ている。そして2010年は各星座を1冊ずつにまとめた『12星座シリーズ』(各¥1,000 WAVE出版刊)が話題に。そのほか『愛する人に。』(¥1,260 幻冬舎コミックス刊)では普遍的な恋愛Q&A集として、恋のハウツーに疲れた女子に強く支持されている。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      2017年10月号 No.496

      I am a WOMAN

      MORE DETAIL

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。