暑さに負けず、キレイを守る10のヒント 汗をかいても崩れないベースメイクをマスター。

Beauty 2019.07.24

朝から気温も湿度もグングン上がり、不快指数はマックス。せっかくメイクをしても昼前にはドロドロ、テカテカで毛穴がぽっかり……。なんて残念なことになる前に、3つの秘策を仕込もう。

  • ベースメイクの始めに、肌を引き締めて皮脂の流出を最小限に抑える最新兵器を投入。
  • 時間が経ってもくすみや毛穴を見せないファンデーションで、涼感肌をキープ。
  • テカりが気になったら、携帯スティックでサッとお直し。

190710_summerbeauty_02.jpg

---fadeinpager---

涼感ジェルで引き締めてツヤ肌仕上げ。

RMK クールジェル ハイドレーティング フェイスプライマー

190711-summer-beauty03-04.jpg

スパイシーなパクチーミントの香りがクセになる夏用下地。メントール配合のジェルでベタつく肌をさっぱり引き締めながら水分をチャージ。シルバーバールを仕込んでヘルシーなツヤをオン。クールジェル ハイドレーティング フェイスプライマー 30㎖ ¥3,996(限定発売)/RMK Division

---fadeinpager---

部分用乳液で完全無欠なTゾーン。

イヴ・サンローラン・ボーテ トップ シークレット モイスチャー エクラ ポア マット

190711-summer-beauty03-05.jpg

余分な皮脂を吸収する高機能パウダーを配合しテカり知らずのサラサラ肌が続くシルクタッチの乳液は、朝のメイク前や午後のリタッチに。サリチル酸配合で素肌の毛穴も目立たなくなる。トップ シークレット モイスチャー エクラ ポア マット 30㎖ ¥6,480/イヴ・サンローラン・ボーテ

---fadeinpager---

ナチュラル成分で毛穴レスという奇跡。

エムアイエムシー ミネラルイレイザーバーム

190711-summer-beauty03-01.jpg

シリコンフリー、植物由来のセルロースパウダーで毛穴をカバーする下地バーム。植物エキスで乾燥もメイク崩れも防いで、つるんとなめらかに整え、ミネラルパウダーの白でくすみを飛ばすハイライト効果も。ミネラルイレイザーバーム SPF20・PA++ ¥6,264/エムアイエムシー

---fadeinpager---

ツヤ肌が続く保護力完璧万能クッション。

ナーズ ナチュラル ラディアント ロングウェア クッション ファンデーション

190711-summer-beauty03-02.jpg

みずみずしい感触のクッションなのに気になる部分を消し去るカバー力があり、フレッシュなツヤ肌が夕方まで。紫外線はもちろん、大気中の有害物質や乾燥も寄せ付けない。ナチュラル ラディアント ロングウェア クッション ファンデーション SPF50・PA+++ 全6色 ¥6,804(セット価格)/ナーズ ジャパン

---fadeinpager---

夕方までフレッシュマット肌に隙なし。

M・A・C スタジオ フィックス フルイッド

190711-summer-beauty03-06.jpg

アジア人の肌と気候を考慮したリキッドファンデ。カバー力がありながら肌と一体になる仕上がりで、しっとりするのにベタつきなし。テカり、くすみ、崩れに強く、フレッシュマットスキンが続く。スタジオ フィックス フルイッド SPF15・PA++ 32g 全24色 ¥4,752/M・A・C

---fadeinpager---

ポーチに入れて、サラサラ肌を持ち歩く。

マイクラランス ブラー&マット スティック

190711-summer-beauty03-03.jpg

テカりが気になる部分にサッとひと塗り。オーガニックの植物成分で、ベタつく肌が一瞬でサラッとマットに変わり、凹凸や毛穴を感じさせない肌をキープ。ポーチインしやすいサイズも便利。マイクラランス ブラー&マット スティック 3.2g ¥2,376/クラランス

 

●問い合わせ先
RMK Division 0120-988-271(フリーダイヤル) www.rmkrmk.com
イヴ・サンローラン・ボーテ tel:03-6911-8563 www.yslb.jp
エムアイエムシー tel:03-6421-4211 www.mimc.co.jp
ナーズ ジャパン 0120-356-686(フリーダイヤル) www.narscosmetics.jp
M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス) tel:03-5251-3541 www.maccosmetics.jp
クラランス tel:03-3470-8545 www.clarins.jp

特集TOPへ戻る

photo:JOHN CHAN, réalisation:ERI KATAOKA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories