石井ゆかりの星占い

2021/12/6 - 12/12

みずがめ座

みずがめ座

1.20 - 2.18

「求めよ、さらば与えられん」というフレーズがぴったりの星回りです。今の貴方は「ないものねだり」ではなく、「あるものねだり」ができる状態になっています。貴方の胸の中にある希望や欲望、願望は、現実とじわじわ繋がりつつあります。特に、今年1年あたためてきた願い、見つめてきた希望があるなら、それが現実のものとなりつつあるはずなのです。

ただ、物事が噛み合う時には、多少の衝撃が伴います。ネジを填め込む時には力が要りますし、ちょっとしたパズルのピースを填め込む時も、パチン!という高い音が響いたりするものです。コンセントを入れる時、デバイスを繋ぐ時、しっかりぴったりはまり込む時には、抵抗も摩擦も衝撃もあります。つまりそれが「ハマったという手応え」です。抵抗や摩擦や衝突がない場合、それはゆるゆるで、「ちゃんとハマっていない」のです。

今、貴方の夢が現実化するにあたり、衝撃や摩擦が感じられるかもしれません。それは、プラグがソケットにただしくハマった、という合図です。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories