石井ゆかりの星占い

2021/12/6 - 12/12

おとめ座

おとめ座

8.23 - 9.22

人が不可解な動きをしても、今はあまり気にする必要はありません。疑ったり、何かと問いかけたりしても、ほとんど意味がないようです。人が何かを画策しているように感じられても、それはただ、貴方の内なる不安がそこに、鏡のように映っているだけなのかもしれません。「幽霊の正体見たり枯れ尾花(すすき)」という句がありますが、この時期貴方が何かを「怖い」と感じたり、不安を抱いたりしたなら、それは幽霊ではなく、ただの枯れ草です。

今は何かを怖れるよりも、ずっと大事なことがあります。それは、現実の動きの中で汗を流すことです。あちこち動き回ったり、「現場」を見て回ったり、考えたことを実行に移したり、「実験」してみたりすることに、妙味があります。熱い議論を戦わせる場面もあるかもしれませんが、それも、机上の空論ではなく、あくまで「現実」をテーマにして語り合うことがポイントです。貴方は感受性が豊かな人であり、ひとつの経験から多くのユニークな知恵を生み出すことができる人でもあります。今はその「現実を知に変える力」が、とても強まっています。「愛と創造の季節」のまっただ中にある乙女座の人々ですが、この時期の貴方のクリエイティビティは、確かな知やリアルな経験としっかり結びついています。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories