石井ゆかりの星占い

2021/12/6 - 12/12

おうし座

おうし座

4.20 - 5.20

「うらやましい」という気持ちは、とても厄介です。ただ、「人が持っているものが欲しくなる」場合でも、「うらやましい」という気持ちとは少し違うことがあります。たとえば、美しいモデルが高級品を持っているポスターを見て「くやしい! うらやましい!」という気持ちは、あまり浮かばないだろうと思うのです。むしろ、そのような世界観に憧れる気持ち、自分もそのような世界観を生きたいという気持ちを喚起するために、あのようなビジュアルが制作されるのでしょう。人間の頭の中には「ミラーニューロン」というものがあるそうです。目に入ったものと同化する力、模倣し、同じ世界観を生きようとする力が、私たちの中には備わっているらしいのです。

でも、他人の欲望と自分の欲望は、決して「イコール」ではありません。自分の欲しいもの、願い、望みは、人のそれとは違っているはずです。「人が持っているのを見て、うらやましくて仕方がなくて、同じものを手に入れてみたら、結局気に入らなくて使わなかった」という体験をしたことがある人もいるはずです。

今週は、「人の欲望や情熱と、自分が本当に欲しているものは、違う」という認識を持つことがポイントになりそうです。どんなに親しい相手でも、「欲しいもの」「願い」が完全一致することはないはずです。そのズレに目を向けることで、今週の時間を貴方自身のものにできます。今、おそらく貴方の視界には、強烈な欲を持った人がいるのです。その人の欲を自分のもののように「鏡映し」してしまうと、「何かが違う」という状況になりやすいだろうと思うのです。人間にとって「自分以外の誰か」は圧倒的な影響力を持っていますが、こと「欲望」に関しては、その影響力に巻き込まれることなく、自分自身の欲を注視することが、今は大事なのだと思うのです。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories