石井ゆかりの星占い

2021/12/6 - 12/12

しし座

しし座

7.23 - 8.22

人の気持ちや先々のこと、愛する人の意向などが「わからない」場合は、「わからない」ままにしておくほうがよさそうです。あれこれ想像しても、今はほとんど的外れになるからです。周りの人との約束や計画は、しっかりメモを取っておくことも大事です。私たちは自分で思う以上に、幻想を生きています。思い描いたことと現実の記憶とが簡単にすり替わります。たくさんの思い込みを「事実だ」と信じて生きるしかないのが、私たちなのだと思うのです。この時期は特に、その部分が強調されています。

想像力は、クリエイティブな活動においてはとても役立ちます。でも、それ以外の場では、イマジネーションより「現実をまっすぐに見る力」のほうがずっと役に立ちます。幻想よりも、目の前にいるものを見ることが重要なのです。現代社会では、幻想が圧倒的な威力を持つことがしばしば、見受けられます。でも、少なくとも今は、目の前にいる生身の人間や、自分の周りにある、触れる事物のほうがずっと大事です。自分の目で見たもの、自分の経験で感じたことだけを信じよう、という思いを持つ時、人間関係が勢いよく好転し始めます。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories